超音波妊娠確認  妊娠中絶手術  低用量ピル  子宮内避妊器具  にきび治療  月経日の変更  月経不順・月経痛治療  更年期障害
特記事項  子宮癌検診  禁煙外来 緊急避妊  低用量ピル  院長略歴  建物設備記録   情報掲示板  総合索引



いつまでも若々しく 

アンチエイジングへの関心
医学博士  宮本順伯






だれもがいつまでも若々しく、人生の終末までも健康に暮らしたいと
願っています。こうした念願を少しでも叶えることが出来ないか模索して
行くのが抗加齢科学(Antiaging Science)です。

老化度の判定にはタンパク質の関与する「筋年齢」、塩分、脂質が
関与する「血管年齢」、青魚に多く含まれるDHAが関与する「脳年齢」、
ビタミンやミネラルが関与する「肌年齢」、そしてカルシウムと相関関係
にある「骨年齢」などの指数を総合して、その人の評価が出ます。

老化の原因の一つとして重視されているのは活性酵素です。この酵素を
減らす食品として推奨されているものは次の食品です。

サバ、イワシ、にんにく、にんじん、たまねぎ、ブロッコリー、いちご、
キウイ、グレープフルーツ、きゃべつ、お茶などである。毎日、いずれかの
食べ物を食することが若さを保つ秘訣ともなります。自分の体重の
3%相当の水分を毎日飲用することも大切です。

生活習慣病の発病防止に共通する事柄ですが、十分な睡眠時間を
確保すること、出来ればストレスを回避する生活様式を選択すること。
好きなことに熱中することは脳の働きを活性化します。飲酒は微量である
限り血行を促進するためよいのですが、少量でも毎日となると病気の
リスクを高め、また多量の摂取は明らかに病気の原因となります。
喫煙はもってのほかで、禁煙は健康生活の最低条件です。タバコは
活性酵素を増加させ老化を早める他、多くの病気を引き起こすことが
医学的に証明されています。


執筆  医学博士 宮本順伯
改定、2018年8月 無断転送禁止


 Related sites created by Dr.Junhaku Miyamoto



脳卒中防止への道



www.sanfujinka.net
COPYRIGHT(C) 1997-2018 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.