超音波妊娠確認  妊娠中絶手術  低用量ピル  緊急避妊 子宮内避妊器具  にきび治療  月経日の変更  月経不順・月経痛治療 
更年期障害 子宮癌検診  禁煙外来  院長略歴  建物設備記録  情報掲示板  総合索引 特記事項



特記情報

 写真撮影 2014年4月


1960年に渡米し1963年まで大学関連病院で、ゴールド教授の下でホルモン療法の研究、治療に従事して参りました。
帰国後は、入院出産や一般産婦人科外来診療の傍ら、新たなピルの開発 (米国産婦人科学会誌に発表)、および、
中容量、低容量ピルの臨床研究を続け、1971年から1973年までの期間は、カナダの大学病院で世界で最初に開発した
緊急避妊法の改良に取り組み、最先端のホルモン療法の実地に従事し、4年間勤務した東京女子医大退職後に再開した
開業期間中、改良型緊急避妊や、にきびのホルモン療法、プレマリンを主体とした更年期障害の治療法を普及させ
今日に至りました。
               
通算58年間、1990年にはコンパクトホテル仕様の入院設備のあるクリニックを新築し、診療、手術を続けて参りましたが、
2018年6月に、高齢のため産科婦人科開業実地から引退いたしました。長い年月、当院に通院された多くの方々に対し、
ありがとうの気持ちをお伝えしたいと思います。
                 
日本産婦人科学会認定専門医 医学博士 宮本順伯


 
研究履歴


日本の風景5選

 総合索引

Related sites created by Dr.Junhaku Miyamoto


www.sanfujinka.net
COPYRIGHT(C) 1997-2018 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.