Department of Health, Labor and Welfare denied
a countrywide total smoking ban in Japan.
厚生労働省は全面禁煙を骨子とした受動喫煙防止法を否定


  

 厚生労働省はタバコ規制枠組み条約無視の姿勢

Japanese Government opposed for the world treaty for tobacco control.

The second world convention, the Framework Convention on Tobacco Control (FTCT)
was held in Bangkok, Thailand in 2007. Ten officers from Minsitry of Foreign Affairs,
Ministry of Finance and Ministry of Health, Labour and Welfare, Japanese Government
attended at WHO's world convention. Many representatives from various countries
expressed their proposal to restrict the use of tobacco in the convention. However,
Mr. Ohkuma, Foreign Affairs section and Mr. Urakawa, Ministry of Finance section of
Japanese Government opposed the essentials of the treaty to inhibit the tobacco use.

Fortunately, this kind of negative attitude of Japanese Government was not
accepted by other countries, and the international proposal to control tobacco
to protect people from an adverse effect caused by tobacco products was passed
in its original form with little amendment in the world convention in Bangkok.
Source: A report by an attendant at the 2007 World Convention for Tobacco Control.

Department of Health, Labor and Welfare denied a countrywide total smoking
ban in Japan.

Accordance to the agreement of the World Health Organization Framework Convention on
Tobacco Control, all signatory nations, including Japan, are required to ban smoking in all
enclosed public places by February 2010. However, Ministry of Health, Laborand Welfare
of Japan still ignores the world treaty. The man in command of tobacco control said
that 'We do not follow the world treaty by WHO, because they cannot enforce a carpet
smoking ban to Japanese society.'

Junichiro Mori, Department of Health, Labor and Welfare denied a total smoking ban in
restaurants, and other indoor public places, since we made separate smoking and nonsmoking
sections in half of our work places. He said to Yomiuri Shimbun in November, 2008.
Source: Yomiuri Shimbun, November 8, 2008

The WHO Framework Convention on Tobacco Control

The WHO Framework Convention on Tobacco Control (WHO FCTC) is the first treaty negotiated
under the auspices of the World Health Organization. It was adopted by the World Health Assembly
on 21 May 2003 and entered into force on 27 February 2005. It has since become one of the
most widely embraced treaties in UN history and, as of today, has already 168 Parties.

The WHO FCTC was developed in response to the globalization of the tobacco epidemic and is
an evidence-based treaty that reaffirms the right of all people to the highest standard of health.
The Convention represents a milestone for the promotion of public health and provides new
legal dimensions for international health cooperation.
Source: Convention Secretariat, WHO Framework Convention on Tobacco Control




Source: NHK Broadcast September 26, 2008


2008年11月、厚生労働省健康局総務課 生活習慣病対策室たばこ対策専門官、森淳一郎氏は
神奈川県受動喫煙防止条例素案に対し、「現実として今すぐ全面禁煙ができない中では、少なくとも
段階的努力として分煙を進めるしかない」と言っているが、この「分煙」の意味は「喫煙するだけの
小部屋」を指しているのだろうか、それともそこで長時間働くバーとか居酒屋の喫煙席を指しているの
だろうか、是非とも聞きたいものだ。

ご承知のように、世界保健機関(WHO)は飲食店や職場を含む公共建物内を全面禁煙とする法律を
制定するよう加盟国に勧告している。これに対し、厚生労働省生活習慣病対策室は「WHOなどの
勧告に実施義務はない。日本の法律は努力規定とはいえ、現実には半分以上の職場で分煙が
進んでいる」として、公共建物内の全面禁煙には消極的と、2008年11月8日付けの読売新聞は
報道している。つまり日本政府は国際条約( FCTC ) を批准しながら、たとえ世界から非難されよう
とも、国際的な取り決めを全く無視する構えだ。

世界の国々はタバコ会社を牽制し、国民の健康をタバコの魔の手から救うべくこぞって努力している。
そのなかで、タバコ対策を立案し、政府にその履行を迫るべき立場にある人が、タバコ会社と同調して
「分煙」形態を示唆するなどとんでもない話だ。死の商人とも言われ、タバコ販売で巨額の利益を
得る会社の利益を優先し、飲食店の従業員の健康を置き去りにするなど、到底許されることではない。

喫煙大国の中国とギリシャ政府当局は、タバコ規制枠組み国際条約に従い、国内法による喫煙規制
に踏み切ったと伝えられている。事実、ギリシャは2009年7月から公共的施設の全面禁煙規制を
公布した。当初飲食店で分煙も認めたフランスは、今や全面禁煙を実施している。全面禁煙は誰もが
疑うことのない世界の潮流である。そうした中で日本の厚生労働省は一体何をやっているのであろう。
厚生官僚にリーダーシップをとれる有識者は存在せず、ただ給料だけ受け取って実は何もやって
いない。そのようなことは絶対に無いと信じたいが、JTとの影の癒着があるのではないかと疑いたく
なるような無力さである。こうした政府のキーパースン発言から、なぜ、日本では国による
「受動喫煙防止の法制化」が検討されないか、その理由が分かる気がする。

いくつかの国から発せられている厚生閣僚や公衆衛生局長の有害煙の満ちた環境からの離別呼び
かけ、そして健康向上への意図が明確に読み取れる、そして人々を魅了するような公人としての
発言が、日本では一切無いのは情けないことだ。
執筆 2008年12月  禁煙席ネット主宰 医学博士 宮本順伯



The Fourth Annual Meeting of Japan Society for Tobacco Control
in Sapporo, Hokkaido, Japan ( September, 2009 )
English version

2009年日本禁煙学会シンポジウム(札幌)
神奈川県受動喫煙防止条例はなぜ「悪法」なのか
Kanagawa Pref. New Anti-smoke Law, which may have an irrevocable injurious effect
on the future clean-air act in Japan.

 
論説 分煙は不可、神奈川県の過ちを繰り返すな!
Do not repeat the mistake of the Kanagawa anti-smoking law.
「純正品の効用を引用してまがい物を販売する商人」
 
論説 室内全面禁煙は世界のルール 
The indoor total smoking ban is the rule of the world.
 
新聞 Herald Tribune International (ヘラルドトリビューン紙掲載)
受動喫煙防止法の制定を急げ(英文)
Japan must move faster on anti-smoking laws. 


Japan
厚生労働省は公共的室内空間の全面禁煙を通達
Department of Health, Labor and Welfare announced to recommend
total smoking ban in public indoor space.



smokefree.jpn.com
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  車内完全禁煙レストラン バー 飲食店 ホテル 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban