english index tobacco control English Index  english index tobacco control 日本語検索



Heathrow International Airport



London Heathrow Airport


(L) Heathrow aircraft parking apron in 1965 (R) The interior of Terminal 5


Heathrow (LHR) is the world's busiest airport in terms of international passenger traffic.
Heathrow Express is a non-stop service directly to London's Paddington station; trains
leave every 15 minutes for the 15 minute journey, from Terminal 5. Underground Piccadilly
Line serves a Heathrow Terminal 1 to 5. The Terminal 5 station opened in March 2008.


(L) The airport's location to the west of London, and the east-west orientation of its runways, means that airliners
usually approach to land directly over the city.
(R) Concorde aircraft in storage at London Heathrow Airport, following the end of the Concorde era.
This aircraft flew for 22,296 hours between 1976 and 2000 (Source: Wikipedia).


 Smoky Airport Healthrow :2006

 
A smoking area of the restaurant in the terminal building of Healthrow airport.
No barrier up to the ceiling is not present, as a result, toxic tobacco-smoke spreads all over.

 
A restaurant in the corner of the airport hall has no partition up to the ceiling. Passengers are freely smoking in a restaurant.


 Smoke-Free Airport Healthrow :2007



A smoking room provided in the terminal building of the Heathrow International Airport.
This photo was taken in September 2006, with a high risk of inhalation of toxic tobacco-smoke.
In June 2007, the separate smoking room in the airport was disused and removed.


Information released from the BAA.
Why is smoke-free legislation being implemented?
The new smoke-free law is being introduced to protect everyone from the harmful effects
of second-hand smoke. Second-hand smoke is a serious health hazard and
there is no safe level of exposure.
What are the implications of the ban on passengers?
The ban makes it illegal to smoke in public spaces. Therefore, there will be no smoking
facilities anywhere in the terminal building, either before or after passport/security control.
This includes restaurants, bars and departure lounges. Passengers will only be able to smoke
in designated areas in front of the terminals and before entering the airport. CAA guidelines
and local byelaws prohibit smoking anywhere airside.
Is the smoking in a public place a criminal offence?
Anyone who does not comply with the smoke-free law will be committing a criminal offence.
Local councils will be responsible for enforcing the new law in England.
The fixed penalty notice and maximum fine for smoking in a smoke-free place is:
・Fixed penalty notice (if paid in 15 days)£30
・Fixed penalty notice (if paid in 29 days)£50
・Court awarded fine: up to £200

1£=¥247 (June 2007 )


Smoking areas at Heathrow

Heathrow is a smoke-free airport, in line with British law on smoking in enclosed public spaces.
Smoking is permitted in designated areas outside the terminal building. However, please be aware
that once you have passed through security control, you will not be able to smoke anywhere
in the departure lounge. If you are catching a connecting flight at Heathrow, please note that
smoking is not permitted during the connection process. It's only possible to access
the outdoor smoking areas by entering the UK (via passport control), and you would then have
to pass through security control to return to the departure lounge.

Source: Official Airport Website

Health Warning for smoking in UK. 
WHO advice to introduce a total smoking ban public indoor space.


Smoking restriction of the world airports


ロンドン・ヒースロー空港の喫煙事情 (2006年)

受動喫煙意識が高いと言われている英国人であるが、2006年9月に訪れたとき、イギリス最大の
空港、ロンドンの玄関口、ヒースロー空港での現状はひどいものであった。空港施設内は原則禁煙と
なっていたが、レストラン、バーでは自由に喫煙出来る。しかも、飲食店と空港内のロビー等の間には
仕切りがないので有害煙が周囲に拡散される。これでは空港内の公共施設内で喫煙を許しているのと
同じである。こうした状況をふまえ、受動喫煙被害を防止するため英国は法的規制に乗り出した。

英国保健省は、この措置の導入で60万人の喫煙者がタバコをやめると予測し、間接喫煙の減少など
により、国の健康保険の負担が年間14億ポンドから17億ポンド減少すると想定している。
2007年7月英国全土で受動喫煙防止の法的規制がじっしされた。

英国王立医師会(RCP)の調査によると、英国では受動喫煙による死亡数が、年間4000人を
越えている。他人のタバコの煙を吸って死亡する人のうち、3600前後が肺癌、心臓疾患、脳卒中に
よる。飲食店業会でも、間接喫煙が原因で年間、少なくとも50人が死亡、毎週一人のバーテンダーか
ウエイトレス、クラブ従業員が命を落としていることを意味している。この他にも700人が職場での
受動喫煙で死亡している。

2006年2月、英国下院は禁煙法案を賛成多数で可決した。連邦ではすでに、スコットランドでは
2006年3月、ウエールズは2007年4月、相次いで北アイルランドで公共の場での喫煙を禁じる
法律が施行されており、イングランドでも2007年7月より、パブやレストラン、クラブなど
公共の場所での喫煙が全面的に禁止
された。企業の職場および企業の車の中などでの喫煙も
禁止される。オフィス内に喫煙室を設けることは違反となる。ただし、ホテル客室、刑務所の監房は
喫煙規制対象外と伝えられている。

公共の建物内での喫煙が見つかった場合、違反者は現行犯で罰金25〜50ポンド(2006年6月現在、
1ポンドは247円)、または裁判所への出廷が求められる。違反者に喫煙をさせた場所の責任者へは
最高2,500ポンドの罰金が科せられる。

2007年7月、英国全土を禁煙法がカバーし、非喫煙者の健康を守る体制が樹立された。イギリスは
旅行する者にとって健康上のリスクがなくなり、安心して食を楽しめる土地に生まれ変わる。
英国国内飲食店は全面禁煙に、そしてヒースロー国際空港建物内で喫煙することは全く出来ない
こととなった。


 
ロンドン・ヒースロー空港
禁煙席ネット主宰 医学博士 日本タバコフリー学会顧問 宮本順伯
「禁煙席ネット」へのリンクは自由
The photographs were taken in September, and the article was written in October 2006,
by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.



London Heathrow Airport and Hotels
2016



Special Note:
 Two South Kuril and two islands off Hokkaido are the own land of Japan.

筆者の主張サイト
 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論   猫でも分かる「だまし」のサマータイム
 朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」  テレビ小窓の人物表示をやめよ   朝日新聞論壇 「男女産み分け親の権利か」
 朝日新聞私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土  生活基盤と自然とを調和させた未来を
 喝!日本の政治社会批判   警告 :節税賃貸住宅が乱立


www. kinenseki.net  アクセスの多いサイト一覧
COPYRIGHT(C)2006-2018 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter  
女性専用禁煙外来
女性限定全館禁煙マンション
Junhaku Miyamoto profile



smokefree.jpn.com
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  車内完全禁煙レストラン バー 飲食店 ホテル 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban