english index tobacco control English Index  english index tobacco control 日本語検索



Smoking ban in New Zealand





The Auckland metropolitan area in the North Island of New Zealand, is the largest and the most populous
urban area in the country with a population approaching 1.4 million residents, 31 percent of the country's
population. Demographic trends indicate that it will continue to grow faster than the rest of the country.



(L) A small propeller plane leaving the Blenheim* Airport, South Island for Auckland, North Island, NZ.
(M) The interior of a small aircraft.
(R) The plane we took arrived at the rainy, wet Auckland Airport.
* Blenhaim is situated in the Marlborough region of New Zealand, the north east corner of the South Island.


Auckland Airport is the combined international and domestic airport and is the largest
and busiest airport in New Zealand with over 13 million ( about 7 million for the
international and 6 million for the domestic ) passengers a year.


Auckland Airport and Satellete photography of Auckland.
  
No smoking sign plate st the entrance of Auckland Airport departure terminal building.
The smoking area is designated at another side of the road.
  
No smoking around the area of the entrance way.



 
The point of the smoking ban in New Zealand effective after 2004.

To protect people from the health effects of second-hand smoke, smoking in all hospitality industries*
is prohibited in New Zealand. Smoking is also banned in all offices, shops, shopping centres, airplanes,
public transport and taxis.
*The hospitality industry = Hotels, restaurants, casinos,catering (food service), resorts,clubs and any
other service position that deals with a tourist.


Helicopter tour in the South Alps in New Zealand, December 2006

 
Photography: New Zealand 2006

Smoking restriction of the world airports


ニュージランド北島・オークランド国際空港

帰路は南島北端の町、ブレナムから北島、オークランドへは18人乗りの小型プロペラジェット機を
利用した。ブレナム国際空港、オークランド国際空港、いずれも禁煙法に基づき空港施設および併設の
レストラン内部は全面禁煙で、「Smokefree Area」との標識が掲げられている。オークランド空港で
喫煙できる場所は外部で、しかも車寄せ道路を一つ越えた向こう側のスペースが指定されている。
空港出入口近辺でタバコを吸うことは全く禁止され、空港利用者が少しでも受動喫煙の被害に遭遇しない
ような規制処置がとられている。

ニュージランドヘラルドによれば、2006年、スモークフリーの環境にて生活する権利を支持する
ニュージランド国民は、90%を越えており、2001年当初、バーにおける全面禁煙に賛成する人は38%に
過ぎなかったが、2006年の調査時点では74%まで増加した。最近では90%以上の人がタバコの煙とは
無縁のスモークフリーの家で生活している。

New Zealand Herald (2006.12)webサイトより引用

ニュージランドを周遊し、タバコ販売状況、受動喫煙防止への取り組みを見てきたが、飲食店、公共
交通機関などの閉鎖空間内の全面禁煙は、国や地方自治体が条例で強制すべきことであり、自国の
国民が有害なタバコ副流煙にさらされて健康障害を引き起こすことを無視、放置していることは、
とりもなおさず首長を含め、行政機関の怠慢に他ならない。ただ、期待された神奈川県条例で
先進国では2003年にすでに放棄した「人がそこで働く分煙」方式を採用し、世界でもまれに見る
健康面では大きく後退した制度を2010年から施行することは非常に遺憾である。



New Zealand
South Island of New Zealand Christchurch airport Maruia Springs Lake Wanaka Lake Te Anau
Milford Sound and Queenstown Tour from Christchurch Tobacco sale Auckland airport



 ニュージランド・オークランド空港喫煙規制
2006年12月 写真撮影 2007年1月執筆  2009年10月英文加筆
禁煙席ネット主宰 医学博士 日本タバコフリー学会顧問 宮本順伯 
「禁煙席ネット」へのリンクは自由
The photographs were taken in December 2006, and the article was writtenin January 2007,
by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.


South Island of New Zealand



NewZealand Railways



Special Note:
 Two South Kuril and two islands off Hokkaido are the own land of Japan.

 
全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告


筆者の主張サイト

 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論   猫でも分かる「だまし」のサマータイム
 朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」  テレビ小窓の人物表示をやめよ   朝日新聞論壇 「男女産み分け親の権利か」
 朝日新聞私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土  生活基盤と自然とを調和させた未来を
 喝!日本の政治社会批判   警告 :節税賃貸住宅が乱立


www. kinenseki.net アクセスの多いサイトを含めた索引
COPYRIGHT(C)2006-2018 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter  
女性限定全館禁煙マンション(PR)
Junhaku Miyamoto profile



smokefree.jpn.com
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban