english index tobacco control 日本語検索




低い生活水準、低い知識水準がタバコ産業を支える
インドネシアの現状


タバコの消費量は1990年後半から2005年ころまでは減少傾向にあったが、最近10年間は
むしろ増加傾向にあるといわれている。インドネシアは人口、2億5千万以上の大国であるが、
FCTC(タバコ規制枠組み条約)には署名していないため、喫煙規制の極めて緩い国と
なっている。近年、喫煙率は先進国では減少傾向にある一方、増加している国と地域は、
インドネシアを始めアフリカ諸国である。インドネシアの15歳以上の男性の喫煙率は76%と、
北欧、北米のそれと比べると驚くほど高い。

今回はNHK BS の「たばこ生産国の知られざる実態」を参考に、インドネシアでいかにして
タバコが生産され、日本をはじめアジア諸国に輸出され消費されているかを検証してみた。
そこには低賃金で働かされ、病気に悩まされている幼い子供たちの姿がある。インドネシア
政府はたばこ会社に配慮して実効性のあるタバコ規制を全く行っていない。こうした実態は
ある程度、日本にも当てはまることである。日本でタバコ産業はたばこ事業法によって手厚く
守られている。また、たばこ会社は収益を伸ばし喫煙率の低下に歯止めをかけようと、分煙
制度の広報活動、民間テレビ会社、新聞社、週刊誌などに多額の広告料金を支払っており、
マスコミの中立性を脅かしている。

以下はNHKの放送内容からの抜粋である。

喫煙する2歳児
氾濫するタバコ広告

15年前から拡大している喫煙需要の増大に合わせ、ロンボク島の主要産業となっている


素手で作業するため、皮膚からニコチンを吸収する「緑タバコ病」に罹患している6歳から12歳の子供たち
激しい頭痛、筋肉の衰え、せきなどの症状を引き起こしても病院にかかるお金がない
引用 NHK BS特集 2016.9.14

NHK 衝撃ルポ タバコ産業盛況のかげで苦しむ子どもたち



インドネシアのタバコ事情
禁煙席ネット主宰 日本タバコフリー学会顧問 医学博士 宮本順伯

This Web site is link-free.
The article was written in September 2016, by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.



Japan high speed railways 
喫煙行為をサポートし、JTはたばこ増収を、国は税収を守る
テレビ、新聞、雑誌に広告しマスコミの中立性を脅かすJT



Special Note:
 Two South Kuril and two islands off Hokkaido are the own land of Japan.

筆者の主張サイト
 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論   猫でも分かる「だまし」のサマータイム
 朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」  テレビ小窓の人物表示をやめよ   朝日新聞論壇 「男女産み分け親の権利か」
 朝日新聞私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土  生活基盤と自然とを調和させた未来を
 喝!日本の政治社会批判   警告 :節税賃貸住宅が乱立


www. kinenseki.net  アクセスの多いサイト一覧
COPYRIGHT(C)2006-2017 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter  
女性専用禁煙外来
女性限定全館禁煙マンション
Junhaku Miyamoto profile



smokefree.jpn.com
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  車内完全禁煙レストラン バー 飲食店 ホテル 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban