あなたはそれでも自民党政権を支持しますか?



● 改革とはほど遠い政府自民党・政治不毛の時代へ 


 ポスト小泉へ新しい政党政治の動きが活発化している。麻生氏、安倍氏、谷垣氏が
自民党総裁へ名乗りを上げているが、前者二人は小泉政権と大差ないどころか小泉首相の
悪い側面のみを踏襲しているとの印象だ。安倍氏は密かに靖国神社に参拝し、東条英機を
はじめとした戦争責任者を擁護している立場とも解釈され、中国や韓国など近隣諸国の感情を
逆撫でしている。本人は「ドアは開いている」と言うが、アジア諸国との関係を改善し、さらに
進展させることなどあまり期待出来ない。

政策論争も全くお粗末だ。抽象的な言葉の羅列で興ざめである。安倍氏が真っ先にかかげた
政策は北朝鮮の拉致問題の解決だ。これは国際常識では考えられない不幸な事件である。
しかし、解決のほぼ不可能な政治課題を真っ先に掲げている見識が疑われる。国には財政赤字、
年金や医療を柱とした社会保障問題が最重要課題として残る。なぜ拉致問題を第一に取り上げる
のだろう。麻生氏はイラクへの自衛隊支援を通じて国際貢献し、日本の世界での地位を高めると
説く。これが現職の外務大臣の発言かと思うと寒気を覚える。日本はもっと他の政策で国際的に
尊敬される国になれることを考えつかない。

 谷垣氏のみが借金のつけを次世代の人々に先送りするなと、小泉首相が人気取りのため
に凍結してきた消費税の引き上げを提案している。国民の負担になる増税問題を取り上げれば
政権抗争には不利になることを十分にわきまえた上での発言である。勇気ある行為と言えよう。
だた消費税をを上げるなら直ちに10%に上げるのでなく、毎年1%ずつ上昇させれば、
年末までにかけこみ需要が増加して経済を活性化出来るのに、そうした提案はない。

谷垣氏が戦争犯罪者を合祀している靖国神社へ参拝しないと言明している点については、多くの
戦争犠牲者の気持ちを考慮しての発言と評価出来る。しかし、タバコ税の大幅引き上げの提案さえ
も行っていないし、受動喫煙問題一つに限って考えても、自民党政権では本当の改革が出来ない
ことは明白だ。しかし、国民の政治意識が低調である限り、今の世の中を大きく前進させること
は出来ないであろう。当分は政治不毛の時代が続くと予測される。一刻も早く自民党に代わる、
有能な政治家で構成された新しい政権の誕生を願わざるを得ない。


あなたはそれでも自民党政権を支持しますか

 自民党政権・政治不毛の時代へ    
 受動喫煙問題を無視する自民党政権   
 自民党政権の政治不毛を嘆く
 法律を無視する政府自民党政権 
 議員会館は法律を無視する場所?
 政治家にはタバコ排除の見識が必要  
 道路特定財源審議にタバコは必要か 
 古き悪しき体質の自民党:建物内での喫煙OK


改革とはほど遠い政府自民党・政治不毛の時代へ
2006年9月執筆 医学博士 宮本順伯
COPYRIGHT(C)2006 JUNHAKU MIYAMOTO,M.D. ALL RIGHTS RESERVED.



タバコ業界と癒着している政府自民党



Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban
 Twitter@criticismjpn  Twitter: @smokefreejpn