english index tobacco control 日本語索引



三次喫煙の危険性


三次喫煙の危険性


Photo source: Fabrizio Bensch / Reuters

Third-hand smokeを直訳すると「三次喫煙」だが、日本ではほとんど知られていない言葉である。電車に乗っている時に
タバコ臭い人がいませんか。また、喫煙室から出てきた喫煙者がとてもタバコ臭い、そうした経験があると思います。
それが三次喫煙です。喫煙室で喫煙者の衣服や髪の毛にこびりついたタバコの有害物質が、呼気と共に喫煙室で出ても
なお周囲に放出され、他人の健康被害を与えます。ホテルの喫煙客室を利用した場合、喫煙者がその場にいなくても
三次喫煙の被害に遭ってしまいます。PM2.5(微小粒子状物質)は、喫煙者がその部屋に入ることによって増加することも
分かっており、高いPM2.5の数値を見ただけても三次喫煙の恐ろしさを実感できます。米国の調査によると、PM2.5が
10mcg/squm増えると心臓や肺の病気による死亡率が9%、肺がん死亡率が14%、全死亡率が6%増えており、死に至る
病気とPM2.5濃度との間には高い関連性が証明されております。

喫煙に安全なレベルは存在しません。タバコの火を消した後でも残るタバコ煙の有害物質は残留します。子供たちが
真っ先に、こうした三次喫煙の被害者となるのです。カリフォルニア州バークレーにあるローレンス・バークレー国立研究所
科学者、ララ・グンデルは「火のついたタバコから生成されるニコチンなどの物質は空気中に存在しているのではなく、ものの
表面に吸着している」と述べています。特に注意を要するのは、ニコチンと空気中の亜硝酸が反応して生成される TSNA
(タバコ特異的ニトロソアミン)という強力な発ガン物質なのです。これは空気中に存在するのではなく、タバコの喫煙に
伴って部屋や、ものの表面に付着して層を形成しています。

こうした三次喫煙を防止するには空港、鉄道、自動車、ホテルなど屋内空間での喫煙を禁止するすることしかないのです。


品質向上のため車内禁煙宣言(神奈川県江の島にて撮影)


発癌リスクだけでない三次喫煙の懸念

室内での喫煙による煙は空気中の汚染物質と結合し、発癌性が疑われる化合物を形成する。また、この物質は何十年にも
わたって残存する可能性が指摘されている。三次喫煙は現実に、いたる所に存在している。室内喫煙者たちは、火をもみ
消してから何年間も持続する有害な負の遺産を知らないうちに残している。

タバコの煙の残留物はオゾンや亜硝酸といった室内汚染物質と結合し、新たな化合物を形成することが研究によって明らかと
なっている。ホコリと混ざり合って堆積した残留物はカーペットや家具の表面にこびりつき、羽目板や乾式壁の多孔質材に
深く入り込む。喫煙者の髪の毛や皮膚、衣服、爪に留まることもあるため、子供のそばを避けて外で喫煙する母親が部屋に
戻って赤ん坊を抱えた場合、その子供は三次喫煙にさらされることになる。この新たな化合物は、除去が難しいだけでなく
性質が長期にわたって持続し、発癌性も疑われる。

中でも、NNAとして知られるタバコ特異的ニトロソアミンはDNAに損傷を与え、癌を引き起こす可能性がある。カリフォルニア
州のローレンス・バークレー国立研究所で研究を行うボー・ハン氏は、今週この研究が発表されたアメリカ化学会の年次総会で
開かれた記者会見で、「三次喫煙はヒトの遺伝物質に有害」「汚染物質の毒性は時間とともに強まる」と述べた

タバコの煙の残留物が染み込んでいるかもしれない絨毯の上をハイハイし、カーペットの上で眠りに落ち、家具をしゃぶる
乳幼児や小児は、その毒性作用を最も被りやすい。

心配なのは発癌リスクだけではない。三次喫煙は、ぜんそく発作やアレルギー反応を含む他の健康問題にも関与する可能性がある。

ホテルの喫煙室をほうきで掃き、掃除機をかけ、リネン類を交換し、ほこりを払う従業員は、そこに数泊する客よりも
大量の三次喫煙にさらされる。健康に危険をもたらす暴露量はまだ数値化されておらず、具体的な健康リスクもはっきりとは
特定されていない。しかし、バーやカジノ、レンタカー、喫煙車両、喫煙ブース、あるいは過去に喫煙者が長時間いたこと
のある室内空間には、かなりの残留物が存在する可能性がある。フローリングや乾式壁を取り除かない限り、この物質を
除去することはまず不可能とのことである。


(参考資料)2014年03月24日付毎日新聞


 飲食店が全面禁煙となっていない国は日本と中国
  ただし、北京市と上海市では飲食店内は全面禁煙


Japan 三次喫煙の弊害を回避する「全室禁煙ホテル」の動きが日本にも波及(全室禁煙ホテル)
Norway ノルウェーのホテルは全室禁煙が当たり前 2015(英文)
Norway ノルウェーのホテルは全室禁煙が当たり前
2016(英文)

H 世界各地のホテル喫煙規制実態現地調査結果

レンタカー全面禁煙へ(北欧、北米)
屋内公共施設全面禁煙 屋内全面禁煙が唯一の選択肢:新聞社社説などの情報一覧
 受動喫煙防止に関するNHKの放送紹介とコメント
WHO日本のたばこ対策は、世界でも最低レベルだと思います』
「日本にとってオリンピックが開かれる2020年までの4年間に、たばこ規制を制度化することはとても重要な目標です」 


日本の対策『前世紀並み分煙は効果なし WHO
 朝日新聞報道
English Version


 
三次喫煙の危険性
2010年3月執筆 2012年1月加筆 2014年4月加筆 2016年3月加筆
「禁煙席ネット」主宰 日本タバコフリー学会顧問 医学博士 宮本順伯
This Web site is link-free.
The article was written in March 2010, by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.
Information was added in March 2016.




北米ホテルでの完全禁煙化の動き



Special Note
 Two South Kuril and two islands off Hokkaido are the own land of Japan.
 
全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告


筆者の主張サイト
 テレビ小窓の人物表示をやめよ  朝日新聞私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土
 生活基盤と自然とを調和させた未来を  喝!日本の政治社会批判   警告 :節税賃貸住宅が乱立


www. kinenseki.net  アクセスの多いサイトを含めた索引
COPYRIGHT(C)2006-2018 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter  
女性専用禁煙外来
女性限定全館禁煙マンション
Junhaku Miyamoto profile



smokefree.jpn.com
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  車内完全禁煙レストラン バー 飲食店 ホテル 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban