タバコの煙は病魔への誘い
PART 10



 タバコは「嗜好品」「死向品」?


タバコの煙は死の煙

タバコあっての人生」であり「タバコはかけがえのないもの」と考えているあなた・・・しかし、 
もしも・・・・あなたの考えを大転換出来たとしたら、、今こそ、あなたと、あなたの家族、周辺の方々の
健康を守るチャンスとなります。


Smoking can cause a slow painful death

2006年4月より、医師による禁煙指導を「治療」と位置づけ、健康保険の給付対象となりました。つまり、公式に
喫煙習慣者は明らかに病気である」と認定されたのです。保険での治療対象は常習的ヘビースモーカーに
限られるなど適応規制はありますが、治療を受ける場合の自己負担金は通常3割です。禁煙指導の促進により、
喫煙率は今後15年間で最大、男性26%(2003年は47%)、女性9%(同11%)程度まで下がると厚生労働省研究班は
試算しています。肺癌をはじめ、心筋梗塞や脳卒中などの生活習慣病を引き起こすとされる喫煙を減らすことで、
15年後の医療費を少なくとも約1846億円削減出来るとしています。


2017年7月 全国喫煙者率調査[日本] 引用:JTデータ



男女平均 18.2% ( JT data )
男性喫煙率 28.2% −前年比1.5%減少
女性喫煙率 9.0% - 前年比0.7%減少
喫煙人口(推計値)は110万人減少の1,917万人
外国からも指摘されているが、オーストラリア、北米、北欧諸国に比べ男性喫煙率が非常に高い

保健関係者は「タバコ業界は、錯覚しそうな情報を流すが、教養のある人ほど惑わされない」と述べている


かつてヘビースモーカーだった著者アレン・カーの「禁煙セラピー」、「女性のための禁煙セラピー」は定評ある
禁煙書です。斉藤麗子「たばこがやめられる本」は具体的な数字を記載して、いかに喫煙が愚かな行為なのかを
示しています。 加濃正人編の「タバコ病辞典」は喫煙によって罹る病気、他人のタバコの煙を吸うことによって
引き起こされる病気を列記し解説しています。この本は禁煙を推進されている人々にとって必読の書と言えるでしょう。


禁煙セラピー」の著者、アレン・カー氏(英国禁煙活動家)は2006年11月、肺癌のため
スペイン南部の自宅で死去、享年72歳。 若い頃には1日に100本吸っていたが
49才のときに禁煙に成功、自らの体験をもとに書いた「禁煙セラピー」がベストセラーと
なった。多くの本を出版し、2500万人を禁煙に導いたとも伝えられる。しかし、
20年以上前に体に取り入れたタバコ毒に犯され肺癌で死亡。
   Tobacco invites smokers into the House of Death.


悲しい人生の結末


1960年代に使用されていた広告: (L) 西部の荒野を闊歩するマクラーレン (R) 死を迎え横たわる

タバコMarlboroの宣伝でも知られていた俳優のウェイン・マクラーレン(Wayne McLaren)は、
51歳のときに肺がんで命を落しました。変わり果てた彼が妻に最後に残した言葉・・・
Take care of the children. Tobacco will kill you, and I'm the living proof of it.
「子供たちをよろしく。タバコは人に死をもたらす。私がその生き証人だ」


「世界のミフネ」として知られ、「羅生門」「七人の侍」など世界を風靡した映画に出演したが、撮影の合間もタバコを手放さなかった
1992年、72歳の時、パーティ席上、心臓発作で倒れ、療養生活中に老人性痴呆の症状の出現と体力の著しい衰えがあったとのこと
1997年、77歳で多臓器不全にため死亡


この悲惨な結末を知ってほしい!
A miserable death of a smoker:He wanted 'you' to konow!
On the day Bryan's death (英文)



(左)「子どもに無煙環境を」推進協議会制作啓発ボスター、北海道帯広第八中学校、真和村美香さんの作品
(右)東京都港区みなと保健所ポスター
それとも、あなたは、今のまま、タバコ会社の
鎖(くさり)に繋がれたまま、タバコ奴隷として
たった一度しかない自分の一生を捧げるのですか !?

テレビ朝日放映「禁煙への道」ダイジェスト
喫煙は死を招く

目次
自分は例外?果たしてそうでしょうか? 女性に対する悪影響 喫煙開始年齢が早いほど有害 喫煙習慣は薬物依存
発がん物質と分かってなぜ吸い込む 心臓発作による死亡 受動喫煙には十分注意を 喫煙は死を招く
 趣味趣向の幻想を捨てよ タバコは「趣向品」「死向品」?


タバコは「嗜好品」、それとも「死向品」?

2006年4月執筆 2006年12月加筆 2007年5月加筆  2013年1月加筆  2008年8月情報加筆
日本タバコフリー学会顧問「禁煙席ネット」主宰 医学博士 宮本順伯
COPYRIGHT(C)JUNHAKU MIYAMOTO,M.D. ALL RIGHTS RESERVED.



 
 喫煙行為の悲惨な結末        The miserable Outcome of Smoking



smokefree.jpn.com
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  車内完全禁煙レストラン バー 飲食店 ホテル 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban