Washington, DC



Social Backgrounds of Washington, D.C.


A rehearsal scene of the big concert at the Lincoln Memorial, in October 2010

Washington has a growing, diversified economy with an increasing percentage of professional and business
service jobs. The gross state product of the District in 2008 was $97.2 billion, which would rank it No. 35
compared to the 50 U.S. states. In 2008, the federal government accounted for about 27% of the jobs
in Washington, D.C. This is thought to immunize Washington to national economic downturns because the
federal government continues operations even during recessions.

The District has been growing industries not directly related to government, especially in the areas of
education, finance, public policy, and scientific research. George Washington University, Georgetown University,
and Washington Hospital Center, Howard University, and Fannie Mae are the top five non-government-related
employers in the city.

As in many cities, gentrification is revitalizing Washington's economy, but its benefits are unevenly distributed
throughout the city, and it is not directly helping poor people. In 2006, D.C. residents had a personal income
per capita of $55,755, higher than any of the 50 U.S. states. However, 19% of residents were below the
poverty level in 2005, which highlights the economic disparities in the city's population.


The Basilica of the National Shrine of the Immaculate Conception in Washington, D.C.
This is the largest Roman Catholic church in the United States and North America.

Washington Hospital Center

The District's 16 medical centers and hospitals make it a national center for patient care and medical research.
The National Institutes of Health is located in nearby Bethesda, Maryland. Washington Hospital Center (WHC),
the largest hospital campus in the District, is both the biggest private and non-profit hospital in the Washington
area. Just next to the WHC is the Children's National Medical Center. Children's is among the highest ranked
pediatric hospitals in the country according to U.S. News & World Report.


A Washington Hospital Center Complex 1960: A nurses-quarter in the left side of the main building
ワシントンホスピタルセンター

Downtown Washington, D.C.

Downtown Washington, D.C.

Source: University of Texas Libraries

(L) The District of Columbia is the small area between Maryland and Virginia.
(R) L'Enfant Plaza is in the center of an area crowded with federal buildings, and is a transfer point allowing
passengers to cross with ease the Potomac between Virginia and central Washington, making it a very busy station.

Route 1 and Route 50 is passing through the downtown Washington, D.C.

This photo shows a rent-bicycle station in the Washington, DC area. Daily fee ranges $25 to $35.

A map and street of Anacostiaアナコスティア地区

Police officers are keeping a close eye on a criminal at the exit of Metro station of Anacostia.アナコスティア地区

During the violent crime wave of the early 1990s, Washington, D.C. was known as the murder capital of the
United States and often rivaled New Orleans in the number of homicides. The number of murders peaked in
1991 at 479, but the level of violence declined drastically in the 1990s. In total, violent crime declined nearly
47%, between the years of 1995 and 2007. Property crime, including thefts and robberies, declined by
roughly 48% during the same period.

Like most large cities, crime is highest in areas associated with illegal drugs and gangs. The experts point to
the city's changing demographics as a reason why crime in the District is being overshadowed by increased
violence further east across the border in Maryland.
Source: Wikipedia

ワシントンD.C.では政府関連の産業、特に教育、金融、科学研究の分野が成長している。非政府関連としては、
ジョージ・ワシントン大学、ジョージタウン大学、ワシントンホスピタルセンター、ハワード大学、連邦住宅抵当
公庫が市内における雇用主体の上位5位である。ワシントンD.C.の失業率は市の中で大きく異なっている。2008年
5月において、北西地区北部の裕福な第3地区では失業率が1.7%であったのに対し、南東地区の貧しい地区では
17.2%であった。2005年において、アメリカの50州と比較すると、ワシントンD.Cで.は1人当たりの収入が高い
ものの、貧困率もまた高く、全住民における経済的格差を際だたせている。

ワシントンD.C.には、16の医療センターと病院があり、患者のケアと医学研究の全国的な中心地となっている。
アメリカ国立衛生研究所はメリーランド州ベセスダの近くにある。ワシントン・ホスピタル・センターは、D.C.で
最大の敷地を持つ病院であり、私立病院としても、非営利病院としても最大である。そのすぐ隣には、国立子ども
医療センターがある。同センターはアメリカ国内で最も高いランクを与えられている小児科病院の一つである。

1990年代初頭に凶悪犯罪の波が訪れた時、ワシントンD.C.はアメリカの「殺人首都」(murder capital)として
知られ、殺人事件の発生数において、ルイジアナ州ニューオーリンズとしばしば肩を並べていた。計画的殺人の
発生件数は1991年に482件であったが、1990年代を通じて犯罪の激しさは大幅に緩和した。2006年までに、市内に
おける殺人の件数は169件にまで減少した。窃盗や強盗など各種の財産犯も、同様の割合で減少した。

多くの大都市と同様、犯罪の発生率が高いのは違法薬物やギャングと関係のある地域である。より富裕な地域である
ワシントンD.C.北西地区では犯罪発生率は低いが、東に行くに従って増加する。特に危険なのは市南東部の
アナコスティア地区である。ワシントンD.C.で起こる殺人の約3分の1はこのアナコスティア地区内で発生している。
1950年代までは白人の中流階級の住宅地であったが、高速道路の発達により人口が郊外へ流出、住民層が大きく
変わり、治安が著しく悪化した。現在、この地区の黒人人口率は92%に達する。また、市の北東部も治安の悪い
地域があり、市境を越え、メリーランド州側にも広がっている。

Washington, D.C.
Arrival to Washington, D.C. The U.S.capitol Metro railway Union Station Museums Socioeconomic aspect
Smoking ban in Washington, D.C.

Ontario,Canada and Michigan,USA
Detroit Airport Niagara Falls Toronto Upper Michigan Lower Michigan

Smoking ban in the District of Columbia

(注)筆者は1960年から1年間、ワシントンホスピタルセンターに勤務しており、2010年10月にこの地を訪問している。
ワシントンDCで一番と言われる私立総合病院は建て替えられ、今 MedStar Washington Hospital Centerとなっている。
50年前の面影を求めて訪問したが、当時の洗練された病院入口や、毎日利用した、大きな窓に広大な緑の芝生の広がる
1階の素晴らしいカフェテリアもなく、いつも自分の車を止めておいた駐車場は、無機質な味気のない立体化されたもの
と変わり、敷地一杯に建てられた、どこにもあるような新しい病院建物を見て、とめどない幻滅感を味わされた。
1960代の写真は上に掲載されている。その後、市内の治安も悪化し夜も自由に歩けた当時が懐かしい。
この病院はハリソン・フォード主演の映画「ランダム・ハーツ」の入院シーンにも出ている。

コロンビア特別区・首都ワシントン
2010年10月執筆
執筆  医学博士 宮本順伯
This Web site is link-free.
The article was written and photographs were taken by Junhaku Miyamoto, M.D.,PhD.,
in October 2010. Information was added in December 2021.






Washington, DC, to Detroit, via Chicago





Special Note: 日本語表示

 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 Smoke-free hotels in Japan
  Domestic travel in Japan
 WHO: Smoking should be banned in all public spaces.
 World population: seven billion v.s. Declining birth rate in Japan
 Nobody in the earth can destroy the natural beauty of the land.
 Stop merging war criminals and war victims at Yasukuni Shrine.
 Tax saving's rental housing is mushrooming.

www. smokefree.jpn.com
Copyright (C) 2006-2022 Junhaku Miyamoto, PhD. All right is reserved.
The way to contact to the writter
Photo correction deletion request
Smoke-free rental condominium in Tokyo (PR)
Junhaku Miyamoto: profile
Regional weather forecast throughout Japan



Smoke-free Hotel and Travel
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban
  Twitter@worldviewtokyo Twitter: @smokefreejpn Twitter@criticismjpn Twitter@nosmokechintai