Northern Ireland



 Smoky restaurants and bars 2006


Northireland

The Carrick-a-Rede Rope Bridge, Causeway coast, North Ireland

Giant's Causeway and Carrick-a-Rede Rope Bridge in North Island


 
Ashtrays were on all tables in a lobby of the Hotel Hastings Everglades, Londonderry, North Ireland,
photographed in September 2006.

A bedroom of Hotel Hastings Everglades, photographed in September 2006

A leading health campaigner and professional in Northern Ireland have called for the introduction
of a work-place smoking ban in North of the border.

An implementation of a workplace smoking ban in the Republic of Irelands entered into a crucial step in
protecting the health of those who work in the hospitality industry and the general public.  We call for
the people of Northern Ireland to have the same protection. All have the right to a smoke-free environment.

The great majority of people in Northern Ireland finds cigarette smoke unpleasant and irritating and the
majority of smokers and non-smokers alike would prefer public places to be smoke-free.  All have a right
to be free from tobacco smoke pollution. Employers have a duty to protect employees from harm. Many
workplacesare now smoke-free, but in the hospitality industry, smoke exposure is still very high and poses
a particular risk.

(Source) Institute of Public Health in Ireland 28 March 2004


The Ireland town beyond the river viewed from the land of North Ireland.
Both countries are connected by Craigavon Bridge. There is no sign for the country border.
Another highway bridge over the River Foyle in the north side is Foyle Bridge.

The smoking area sign plate attached to the ceiling of the cafeteria of Belfast City Airport, Belfast, North Ireland.
Photographed in September 2006.


 
The space of the smoking area is not separated from the others. A toxic tobacco-smoke will spread all over the cafeteria,
observed in the Belfast City Airport.

Belfast to London by air


Smoking restriction of the world airports

A short cruise in Londonderry, North Ireland, UK

2006年・北アイルランドは喫煙容認

1919年イギリス・アイルランド戦争の結果、イギリス領に残った北アイルランドに、1999年自治政府が発足した。
筆者はアイルランドのダブリンから特急列車で北アイルランドに入国し、ベルファストからレンタカーで一路、
北海岸に近い城壁都市、ロンドンデリーに向った。しかし、ロンドンデリーの地に宿泊し食事して見て驚いた。

それまで喫煙規制されたアイルランドに10日間過ごして来たので、室内で喫煙することなどとても考えられなく
なっていた。それだけにホテルで灰皿の羅列を目にしたときは正にタイムスリップしたようだった。それは数年前、
または今の日本を見るようであった。ホテルのロビー、エレベターホールにはたくさんの灰皿が置かれ、夜のバーは
煙もくもくであった。食事を街の中心街で食べようとしたが全席喫煙席、やっと1階が全席喫煙で2階が全席禁煙と
いうレストランを探し当てたが、2階は昼間の時間帯しかオープンしていない。やむなく唯一全席禁煙のファースト
フード店、バーガーキングで食事した。

翌朝、ホテル提供の食事のときが心配されたが、禁煙標識はなくとも朝食の席で喫煙している人はいなかった。
夜はベルファストに戻ったが、夕食は受動喫煙の被害に遭わないよう、ホテルフロントを通じ中華の出前をとり
部屋で食した。

アイルランドとイギリス領土の北アイルランドとの間には国境標識が全くない。同じ英語圏でしかも道路標識は
共通している。地図を照合しなければ今、アイルランド側にいるのか、北アイルランド側にいるのか判別出来ない。
唯一確かめる方法は飲食店に入って見ることである。前者では喫煙行為は法律違反であるとの禁煙標識があり、
誰一人吸っていないが、後者の場合、禁煙マークもなく、店内で自由にタバコを吸っている。

ベルファストの有名ホテル Malmaison Belfast のバーは全面喫煙でタバコの煙が部屋全体に漂う・・古い映画の
ワンシーンを思い浮かべたが、そうした雰囲気を好んでいるようにも思えた。

北アイルランド、Belfast City Airport (UK) の喫煙規制はお粗末である。受動喫煙の有害意識がないとも言えよう。
空港のカフェテリアの中心を占める空間に喫煙席を設けており、周囲の席との間に何のバリアーもないので
タバコの煙は周囲に拡散される。日本との違いは、日本では喫煙席からタバコの煙が流れてきても非喫煙者の座る
席は「禁煙席」であると表示している。北アイルランドでは、こうした虚偽表示と断定出来る標識はなく、喫煙席
以外の表示を行っていない。つまり、受動喫煙防止の点では落第であるが、日本で多くの飲食店が行っている
「偽りの表示」はしていない。


 New law prohibits smoking in restaurants and bars.

The Smoke-Free Northern Ireland Law went into effect May, 2007, banning smoking in all
public places such as airports, restaurants and bars.



The smoky bar of Malmaison Belfast would change to a clean, nontoxic space after the 2007 smoking ban was in force.

2007年・北アイルランドは屋内全面禁煙へ転換 

2005年10月、ショーン・ウッドワード自治政府保健相は、北アイルランドのバーとレストランを含むすべての
職場と屋内公共空間での喫煙を禁止すると発表した。禁煙法は議会で可決され、2007年5月以降、パブ、
レストランなど飲食店内は全面禁煙となった。

 Photography: Ireland and North Ireland 2006

UK Smoking Ban
Smoking Ban in London Heathraw Airport
Giant's Causeway in North Ireland

Ireland and North Ireland
Arrival to Ireland Airport and Railway Hotel and bar Life in Ireland
Luas Tram, Dublin Dublin Area Rapid Transit Dublin-Belfast Express Train
Giant's Causeway in North Ireland North Ireland


 北アイルランド
執筆 医学博士 宮本順伯
This Web site is link-free.
This information was provided by the Smokefree Hotel and Travel.
The photographs were taken in September, and the article was written in October 2006,
by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.



Rail travel Ireland/Luas



Special Note: 日本語表示

 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 Smoke-free hotels in Japan
 
Domestic travel in Japan
 WHO: Smoking should be banned in all public spaces.
 World population: seven billion v.s. Declining birth rate in Japan
 Nobody in the earth can destroy the natural beauty of the land.
 Stop merging war criminals and war victims at Yasukuni Shrine.
 Tax saving's rental housing is mushrooming.

www. smokefree.jpn.com
Copyright (C) 2006-2022 Junhaku Miyamoto, PhD. All right is reserved.
The way to contact to the writter Photo correction deletion request

Junhaku Miyamoto: profile
Regional weather forecast throughout Japan
FaceBook



Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium smoking ban
  Twitter@worldviewtokyo Twitter: @smokefreejpn Twitter@criticismjpn