english index tobacco control English Index




JR Kyushu



Kyushu Shinkansen with a smoking room


A superexpress ( Shinkansen ) train heading to Shin-Osaka or to Hakata at the Kagoshima-Chuo terminal,
waiting for departure


JR-kyushu has been operating all their trains in non-smoking vehicles, prohibiting smoking inside
of the train, since 2004 until 2011. However, the construction work has completed to connect
the rail trucks of JR-Kyushu with JR-West in 2011. The railway company agreed to install
a smoking booth inside a new train, which was jointly manufactured with JR-West.
As a result, JR-Kyushu abandoned the policy to forbid smoking inside of the train vehicles.
Now, all Shinkansen trains provide a smoking space in all trains bound for Shin-Osaka and
vice versa.



All seats are non-smoking, except for the separate smoking room in the trains.

(L) In-car announcement of ' Welcome to the Shinkansen. Please put a cigarette on in a designated smoking booth in the train.'
(R) A well-equipped, wide toilet is built in the train for a physically handicapped passenger.


There is a sliding door between the smoking booth and nonsmoking pass way.
Three ashtrays are provided in each smoking booth. A tobacco smoke often flows out into the train space,
at each time a smoker open and closes an automatic sliding door.




Oita Railway Staion and Express Trains in JR Kyushu



A limited express train, 'Sonic' and woman attendant

A limited express train, 'Sonic' and the entrance to the green car

'Sonic' limited express train: (L) An economy-class vehicle (R) The entrance of the first-class vehicle and its interior

(L) A limited express train of 'Sonic': Green-car and wide toilet in the vehicle (R) An inter-city express-train 885 and 787 in Kyushu Railway Company


Sonic is the name used by Kyushu Railway Company (JR Kyushu) for the limited express train service operating between Hakata and Oita via Kokura and Beppu along the Kagoshima and Nippo Main Lines in Kyushu.



(L) A logo mark of JR Kyushu (M) A commuter train 817: A simple and elegant vehicle (R) A commuter train, 813

(L) The 885 series 'White Kamome' is operated on JR Kyushu, between Hakata and Oita using the Nippo lines.
(R) The platform of Oita JR station

(L) The platform of Oita JR station (R) JR Kyushu's short-distance diesel rail-car

(L) A new sophisticated designed Oita JR station was completed in March 2012.
(M) A unique entrance to a toilet (R) A smoking room on the platform

A new Oita JR station: The ceiling of Oita station, outside passage and a coin rocker


The Kyushu Railway Company, also referred to as JR Kyushu, is one of the constituent companies
of Japan Railways Group. It operates intercity rail services in Kyushu, Japan. In 1987, Kyushu Railway
Company was born. However, an operation was at a loss under recession of Japanese steel industry, and
competition from highway-bus and air flights. To restore, the company then diversified its business,
especially in developing and commercializing its properties, such as train stations.



禁煙設定

JR九州の「かもめ」や「みどり」「ソニック」などは全車両が禁煙であり、九州新幹線「つばめ」も2004年に
開業した時から全車両禁煙で運行している。JR九州では2009年3月より喫煙車両および喫煙コーナーを全廃し、
特急列車を全席禁煙にすると発表した。これまでは運転時間が比較的長い「にちりん」「ゆふ」「九州横断特急」
などで喫煙車や喫煙ルームを設置していたが、乗客から全面禁煙を求める声が相次いだために決断した。
しかし、この英断は、JR西日本との車両共同開発時に、鹿児島新幹線車両に喫煙ルームを設置することに合意、
2011年3月の全線開業を機に健康への取り組みが大きく後退することとなった。一方、同じ時期にJR四国は
健康上の理由で四国全域の特急列車の喫煙ブースを全廃した。


A newly introduced luxury sleeper train prohibits smoking in the vehicle.


JR九州のななつ星、豪華寝台特急は全席禁煙



廃止された全席禁煙の高速列車(新大阪ー博多間)Rail Star
All non-smoking super-express train, RailStar

 
鉄道全面禁煙化は世界の常識

All railway trains should be completely smoke -free.
海外鉄道紀行

イタリア鉄道旅行・シシリア イタリア鉄道旅行記 Italia Rail: Trenitalia
アイルランド鉄道旅行 アイルランド鉄道旅行記  Rail Travel Ireland
ニュージランド鉄道旅行 ニュージランド鉄道旅行記  NZ Rail: Tranz Alpine/Scenic
オーストラリア鉄道旅行 オーストラリア鉄道旅行記   Brief Journey by Australian Rail
米国・東北部鉄道旅行 ボストン-ニューヨーク高速鉄道  Amtrak Acela Express/Boston_Newyork
シカゴ鉄道 シカゴCTA鉄道  Chicago CTA Rail
マイアミ鉄道 マイアミMETRO鉄道  Miami Metro Rail

ストックホルム・空港鉄道 ストックホルム・アーランダ急行  Stockholm Arlanda Airport and Express
ストックホルム地下鉄 ストックホルム地下鉄・近郊鉄道 Stockholm County Railways
スエーデンX2000の旅 X2000の旅  X2000:Stockholm_Copenhagen Express
コペンハーゲン近郊鉄道・地下鉄 コペンハーゲン地下鉄・近郊鉄道  Greater Copenhagen Railways
パリ鉄道ターミナル駅 パリ鉄道ターミナル  Paris Rail Terminals
パリ近郊鉄道・地下鉄 パリ地下鉄・近郊鉄道  Paris Metro_RER_Tram
タイ・バンコク鉄道 バンコク・スカイトレイン・地下鉄・タイ鉄道   Bangkok Mass Transit/Thai Railways
台湾高速鉄道 台湾高速鉄道  Taiwan High Speed Rail
フィンランド鉄道 路面電車 地下鉄 フィンランド鉄道、路面電車、地下鉄  Railways in Helsinki, Finland
インド鉄道 インド鉄道・地下鉄  Indian Railways and Dehli Metro

シカゴ鉄道 ポルトガル地下鉄・鉄道  Portugal Metro, Railways
マイアミ鉄道 アムステルダム鉄道・市電  Amsterdam Rail
シカゴ鉄道 スペイン高速鉄道  High-speed train in Spain
マイアミ鉄道 バロセロナ都市交通  Barcelona Railways
パリ近郊鉄道・地下鉄 ワシントンDC地下鉄・ユニオン駅  Washington DC Metro/Union Station

  フランス国鉄の旅  Railway Travel in France
 ドイツ国鉄の旅 Railway Travel in Germany
 バンクーバー・スカイトレイン Vancouver Skytrain
パリ近郊鉄道・地下鉄 カナダ・エドモントン地下鉄  Edomonton Metro<
パリ近郊鉄道・地下鉄 カナダ大陸横断鉄道・VIA Trans-Canada Railway, VIA

パリ近郊鉄道・地下鉄 韓国高速鉄道・空港急行・地下鉄 Korea Train Express, Airport Express and Metro
米国・東北部鉄道旅行 シアトル・モノレール、リンク鉄道 Monorail and Link railway st Seatle
米国・東北部鉄道旅行 米国アムトラックで氷河国立公園へ Amtrak: Seatle to Glacier National Park
パリ近郊鉄道・地下鉄 サンフランシスコ・バート、 ケーブルカー、市電 San Francisco, cablecar, tram and Bart

パリ近郊鉄道・地下鉄 ドイツ、オーストリア、スイス鉄道 Trains in Germany, Austria and Switzerland in 2013
米国・東北部鉄道旅行 モスクワ地下鉄  Moscow Metro
パリ近郊鉄道・地下鉄 サンクトベルグ地下鉄 Saint Petersburg Metro
米国・東北部鉄道旅行 ロシア高速鉄道  Sapsan, high-speed train of Russia
パリ近郊鉄道・地下鉄 サンクトベルグ・ヘルシンキ鉄道 Allegro, high-speed train between Finland and Russia

パリ近郊鉄道・地下鉄 アラスカ鉄道 Alaskan Railroad
パリ近郊鉄道・地下鉄 キャンベラ・シドニー鉄道 Railways connecting Canberra and Sydney, Australia
米国・東北部鉄道旅行 ゴールドコースト市内電車  Gold Coast Light-Rail
パリ近郊鉄道・地下鉄 ノルウェー・トロンハイムオスロ鉄道 Train in Norway, Trondheim to Oslo


 全席禁煙 JR東日本はやぶさ

JR九州の全席禁煙の豪華寝台特急、Seven-Stars
A new deluxe sleeper-train provides smoking vehicles 2017.
   新クルーズ寝台に喫煙車両:警告 健康障害を受けることあり




オリンピックの歴史と開催国に於ける鉄道車両内での喫煙可否

1948 XIV  ロンドン(イギリス)       列車内喫煙禁止
1952 XV Helsinki railways ヘルシンキ(フィンランド)   列車内喫煙禁止
1956 XVI Australia rail trip メルボルン(オーストラリア)  列車内喫煙禁止
Stockholm railways ストックホルム(スウェーデン) 列車内喫煙禁止
1960 XVII Italia rail trip ローマ(イタリア)       列車内喫煙禁止
1964 XVIII Japan high speed railways 東京(日本)         列車内喫煙OK
1968 XIX  メキシコシティ(メキシコ)   情報不足
1972 XX  ミュンヘン(西ドイツ)     列車内喫煙禁止
1976 XXI Canada smoking ban モントリオール(カナダ)    列車内喫煙禁止
1980 XXII  モスクワ(ソビエト連邦)    列車内喫煙禁止
1984 XXIII United States ロサンゼルス(アメリカ)    列車内喫煙禁止
1988 XXIV Korea  ソウル(韓国)         列車内喫煙禁止
1992 XXV Spain  バルセロナ(スペイン)     列車内喫煙禁止
1994       Norway リレハンメル(ノルウェー)   列車内喫煙禁止
1996 XXVI United States  アトランタ(アメリカ)     列車内喫煙禁止
1998       Japan high speed railways 長野(日本)            列車内喫煙OK
2000 XXVII australia  シドニー(オーストラリア)   列車内喫煙禁止
2002      United States ソルトレイクシティ(米国)   列車内喫煙禁止
2004 XXVIII Greece  アテネ(ギリシャ)       列車内喫煙禁止
2006       Italia rail trip トリノ(イタリア)       列車内喫煙禁止
2008 XXIX China 北京(中国)          列車内喫煙禁止
2010       Canada smoking ban バンクーバー(カナダ)     列車内喫煙禁止
2012 XXX  ロンドン(イギリス)      列車内喫煙禁止
2014        ソチ(ロシア)          列車内喫煙禁止
2016 XXXI Brazil リオデジャネイロ(ブラジル)  列車内喫煙禁止
2018       Korea 平昌(韓国)           列車内喫煙禁止
2020 XXXII Japan high speed railways 東京(日本)           列車内喫煙OK
2022       China 北京(中国)           列車内喫煙禁止
2024 XXXIII   パリ(フランス)          列車内喫煙禁止
2028 XXXIX United States  ロサンゼルス(米国)       列車内喫煙禁止


2014年7月以降の状況を表している。「列車内喫煙禁止とは喫煙室を排除した全面禁煙を指す」
中国政府は高速列車内での喫煙を禁止しており、違反者には最高2,000人民元(約32,500円)の罰金が科せられる。
英国では50-200ポンド(約28,000円)の罰金が科せられる。

解説
 第二次大戦後のオリンピック開催都市は上記のごとくである。最近3年間の鉄道列車内での
喫煙行為の可否を列挙している。日本では喫煙規制に関する国法がなく、オリンピック開催を控え、
「世界最低の喫煙規制国」との汚名を返上すべく、厚生労働省は規制内容の「たたき台」を公表して
いる。しかし、上記に記載したように、今回の見直しでも、世界基準とは全く異なり、日本政府は
密閉された列車内での喫煙行為を認め、喫煙室の設置を許しており、2020年以降も「機密性の高い
列車内での喫煙行為」を禁止することなく、サポートする「世界で唯一の国」となっている。幸い、
JR東日本、JR北海道、JR四国では夜行列車を除き列車内喫煙を禁止しているが、米国、カナダでは
3泊4日の寝台列車でも車内での喫煙行為を排除し、喫煙室を設けていない。

JR東海、JR西日本、近畿日本鉄道では堂々と、喫煙車両、または喫煙室を併設した列車を運行させ、
将来も廃止する意向を示していない。今までのオリンピック開催国では考えられなかった事態であり、
諸外国では日本の開催国としての適性に大きな疑いを抱くことになる。また、世界各国が列車内の
ような閉鎖空間内での喫煙行為を厳しく取り締まっているなか、日本は閉鎖空間内の喫煙行為を
保護しており、国内の乗客を含め、最近増加してきている海外からの旅行者の顰蹙(ひんしゅく)を
買うことは必至である。早急に世界基準に合致した規制、列車内での喫煙室設置を禁止する立法措置が
求められている。

「一匹狼の国」著者 医学博士 宮本順伯

今までタバコに寛容だったロシアが、ソチオリンピックを契機に屋内での喫煙行為を完全禁止した。
「釣り針を断ち切ろう!」と、
ロシア保健省は大きな公共広告を街中に掲示し、喫煙者がタバコ会社の糸に操られ、やがては死に
至る様を警告している。ほとんどの国ではホテルの喫煙客室の設定をホテル側の裁量に任しているが、
ここロシアでは2014年6月から喫煙客室の全面廃止とホテル屋内での喫煙行為を禁止している。
レストランおよびバーも例外ではない。屋内施設では全面禁煙となっており、飲食店側もそれを
当然のこととして受け止めている。喫煙を許していた、9,289キロを6泊7日かけて走る走る
長距離
列車内でも、いまや喫煙行為は全く不可。
「一匹狼の国」 35頁記載

日本の新幹線、JR東海、JR西日本、近畿日本鉄道、JRの夜行列車には喫煙車両を連結(または
喫煙ブース)を設置しているが、このような非健康的な野蛮行為を認めている国は皆無である。
国民の健康を守ることが第一か、世界で実施されている鉄道車内規制を無視して、タバコ税収を
優先させて喫煙者の主張を守り抜いていくか、政府当局の判断能力が試されている。



JR九州
禁煙席ネット主宰 日本タバコフリー学会顧問 医学博士 宮本順伯
This Web site is link-free.
This article was written in Apri; 2009, and finally revised in May 2014, and
all photography was taken by Dr. Junhaku Miyamoto in April 2012 and May 2014.
Information on a smoke-free train service was added in April 2017.




Smoking ban in the railway trains of the world
鉄道全面禁煙化は世界の常識



Special Note:
 Two South Kuril and two islands off Hokkaido are the own land of Japan.

筆者の主張サイト
 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論   猫でも分かる「だまし」のサマータイム
 朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」  テレビ小窓の人物表示をやめよ   朝日新聞論壇 「男女産み分け親の権利か」
 朝日新聞私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土  生活基盤と自然とを調和させた未来を
 喝!日本の政治社会批判   警告 :節税賃貸住宅が乱立


www. kinenseki.net  アクセスの多いサイト一覧
COPYRIGHT(C)2006-2017 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter  
女性専用禁煙外来
女性限定全館禁煙マンション
Junhaku Miyamoto profile



smokefree.jpn.com
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  車内完全禁煙レストラン バー 飲食店 ホテル 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban