新刊書・一匹狼の国 著者の頁



 知っていますか ・・
  2004年、日本政府は公共的屋内空間の全面禁煙を定めたWHOタバコ規制枠組み条約に署名、
  参議院、衆議院両院で承認したにも拘らず、国際公約を無視し、国として屋内喫煙設備整備に対し
  助成金を交付し、分煙制度を推進していることを。


Indoor smoking ban in each country

[一匹狼の国] 口絵より引用--著者自身が自己の現地検証と複数の信頼できる資料をもとに作成
ワインレド色:屋内全面禁煙を強いる国法がなく、制定に向け具体的な動きがない国で、日本と中国などが該当する
日本と違うことは、中国では全高速列車車内は完全禁煙、首都北京および大都市、上海では全ての飲食店など公共的空間は全面禁煙となっている
Copyright (C)2015 Junhaku Miyamoto All rights reserved.
「一匹狼の国」口絵より転載:画像は著作権法によって保護されています(複写転載禁止)

副題:世界の喫煙規制を検証する
著作 「禁煙席ネット」主宰 日本タバコフリー学会顧問 医学博士 宮本順伯
完売(写真は紀伊国屋書店新宿本店3階売場にて2015年10月25日撮影)
定価:1,000円(税込)
表紙画執筆:古澤杜宇子 Toko Furusawa Web Gallery

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「一匹狼」とは群れから離れ単独で放浪する狼(おおかみ)を指す。世界でも先進工業国と 位置付けられて
いる日本であるが、たばこ政策、喫煙規制に関する限りは、海外の国々とは全く異なる政策を実行しており、
改善する兆しはない。島国、日本は正に「一匹狼」と同じく、地球上の先進国とは同じように歩まない、
閉鎖的、そして単独で行動する国となっている。

今、日本は何故に海外の国々と異なる喫煙規制に踏み込んだのか。その主因は政府や地方自治体が、たばこの
先から放散される発がん物質を含む有害煙の悪影響を、メディアを通じて国民に広報して来なかったことにある。
多くの国々では健康障害を防止できないとの理由で、2007年前後の時期までに屋内喫煙行為を原則禁止し、
全面禁煙規制へと転換した。

重大な失政は、日本初の神奈川県受動喫煙防止条例が、海外ではすでに廃棄されていた分煙制度の選択を認め、
喫煙設備の新設に経済的支援を与えたことである。2010年4月に条例が実施されたが、日本の喫煙規制が
世界の動きと違った方向へ動き始めたのはこの頃であり、国などの行政機関の屋内喫煙設備設置への
大幅な経済的支援が、世界の先進工業国から乖離した「異常な国」へと変身して行く。

本書の読者が、本のタイトルの「一匹狼」が世界をリードする、活力にあふれた狼を指していると見るか、
それとも、世界の狼の掟(おきて)に逆らう脱落者として、森をさまよう「はぐれ狼」と受け取るのか、
本文を読み終えた後に、ご判断して頂きたい。
著者 「禁煙席ネット」主宰 タバコフリー学会顧問  宮本順伯



本書における帯のキャッチコピー:

(表表紙)世界から完全に隔離された孤独な国、日本、海外とは異なる喫煙規制、屋内外を逆転させた異常性
屋内喫煙設備を撤廃せず、推進する救い難い後進性

(裏表紙)世界でも先進工業国と位置付けられている日本が、何故に海外の国々と異なる喫煙規制に踏み込んだのか。
2009年に成立した神奈川県受動喫煙防止条例が、海外での屋内全面禁煙制度を無視、その時すでに放棄されていた
分煙方式を採用したことが大きな転換点となった。その上、政府の屋内喫煙設備への大幅な経済的支援が、
世界の国々とは全く異なる、後戻り出来ない、今の分煙体制を作り上げた。本書ではその歴史と条例審議の舞台裏や、
知られることのない隠された真実を明らかにする。

目次 風刺画目録 カラー口絵解説

一目でわかる世界の喫煙規制の現況
「一匹狼の国」の読者対象は、政府、地方自治体関係者、ホテル、飲食店、鉄道事業者
喫煙問題に関心のある方です

こうした本は今まで出版されたことがないとされており、類似の本はありません
外国人観光客を扱う業種では、日本以外の国で現在どのような喫煙規制を行っているか、
日本は極めて特異な状況にあることを知ることは、とても大切なことです




おしらせ

不当な対応を行った、信頼出来ないプロバイダー、Biglobeからの移行処理のため、旧プロバイダー,
biglobeの名前の入ったURLが全く表示されなくなっております。
「一匹狼の国」の本に記載されているURLアドレスを以下のように変更してご利用ください。

のアイコンをクリックすると表示されます。

39頁 無効となっているURL: http://www2u.biglobe.ne.jp/~MCFW-jm/hotelbanlist. htm
新しい
URL:http://www.mcfw.jp/hotelsbanlist.htm
70頁  無効となっているURL: http://www2u.biglobe.ne.jp/~MCFW-jm/airportrailcisco. htm
新しい
URL: http://mcfw.jp/airportrailcisco. htm
70頁  無効となっているURL: http://www2u.biglobe.ne.jp/~MCFW-jm/dc1. htm
新しい
URL: http://mcfw.jp/dc1. htm
71頁  無効となっているURL: http://www2u.biglobe.ne.jp/~MCFW-jm/yellowstonepsrk02. htm
新しい
URL: http://mcfw.jp/yellowstonepsrk02. htm
71頁  無効となっているURL: http://www2u.biglobe.ne.jp/~MCFW-jm/banf. htm
新しい
URL: http://mcfw.jp/banf. htm
72頁  無効となっているURL: http://www2u.biglobe.ne.jp/~MCFW-jm/lakelouise. htm
新しい
URL: http://mcfw.jp/lakelouise. htm
72頁 無効となっているURL: http://www2u.biglobe.ne.jp/~MCFW-jm/glacierpark. htm
新しい
URL: http://mcfw.jp/glacierpark. htm
73頁 無効となっているURL: http://www2u.biglobe.ne.jp/~MCFW-jm/glacierpark. htm
新しい
URL: http://mcfw.jp/glacierpark. htm
73頁  無効となっているURL: http://www2u.biglobe.ne.jp/~MCFW-jm/yellowstonepsrk02. htm
新しい
URL: http://mcfw.jp/yellowstonepsrk02. htm
74頁  無効となっているURL: http://www2u.biglobe.ne.jp/~MCFW-jm/yellowstonepsrk01. htm
新しい
URL: http://mcfw.jp/yellowstonepsrk01. htm
74頁 無効となっているURL: http://www2u.biglobe.ne.jp/~MCFW-jm/denali. htm
新しい
URL: http://mcfw.jp/denali. htm



「一匹狼の国」著者の地球上の足跡


意見広告を兼ねた中吊りポスターCOPYRIGHT(C) 2015. JUNHAKU MIYAMOTO
2015年10月にJR車内中吊り広告ですが、69頁の風刺画がその一部に組み込まれました

屋内全面禁煙は世界の掟との意見広告を兼ねた、「一匹狼の国」の 本をPRした、JR車内の中吊ポスターを、
中央線、京葉線、武蔵野線車内で 撮影し、写真をアップしました。分煙制度を批判するブログなどで 使用できます。著作権フリーです。

Yahoo!知恵袋 「一匹狼の国」の本についてベストアンサーに選ばれた回答

屋内公共施設全面禁煙 

幻のテレビ放送
2010年2月、厚生労働省はテレビを通じ、公共的屋内施設の全面禁煙を呼びかけた。しかし2010年4月に、
分煙制度を公認した神奈川県条例の施行を受け、この通達は線香花火のようにフェードアウトした




中央公論2015年12月号の「今月の1冊」に「一匹狼の国」が選ばれました
新宿区医師会会誌に掲載された「一匹狼の国」の紹介
東京都医師会雑誌に掲載された「一匹狼の国」の紹介
著者の特別講演(松山 2015):塩崎厚生労働大臣とのにこやかなスナップ写真も
WHO 「日本における屋内禁煙の必要性をうきぼりにしたシンポジウム」(英語版)
    日本語版は右上の「日本語」をクリックしてください

 タバコ副流煙のニコチン含有量は、喫煙者の吸いこむ量の2.8倍、タールは3.4倍
    タバコの燃焼温度が低いほどその濃度は高い
    こうした事実が
分煙制度を廃棄し、屋内全面禁煙制定制定への主な理由となっている
 
あなたは受動喫煙の有害性を無視していませんか?
 
日本でも本格化して来た全室禁煙ホテル 2017(日本語版)
    英語版はサイト内「English」をクリックしてください
 
海外ホテル実地検証調査(日本語索引)
オリンピック開催国では全て屋内全面禁煙
(日本語版)
    英語版はサイト内「English」をクリックしてください

鉄道列車内喫煙を許している国は日本のみ(世界の鉄道車内は喫煙ブースのない完全禁煙)
飲食店が全面禁煙でない経済大国は日本と中国くらい
 
日本の受動喫煙対策は世界最低レベル
   厚生労働省白書 2016
日本の対策『前世紀並み』分煙は効果なし 2017 WHO 朝日新聞掲載


「一匹狼の国」について、ある県知事より寄せられた感想文(原文のまま、一部分のみ掲載)

長年にわたり、世界各国のたばこ規制問題について、真摯に、そして粘り強く取り組まれている御姿には、
ただ敬服のほかございません。著書は簡潔な文章とわかりやすいデータ、挿絵により、世界と日本のたばこ
規制に関する実情を正しく理解できる1冊ですね。2020年東京オリンピック・パラリンピックを見据え、
今後の県政運営の参考とさせていただきます。


 海外での最新情報を取得し、時代の波に取り残されないように
完売 出版社の倉庫には「一匹狼の国」の在庫はありません
Amazon
「政治・社会の分類」新刊書 Amazon 直売分 完売
・・・9人中、8人のレビュー★★★★★
著者発送分(新品)、在庫僅少
楽天ブックス 完売・・・2人中、2人のレビュー★★★★★
その他、著名ネット書籍販売サイト:完売

English version

元の画面に戻るためには、ブラウザ左上の(戻る) をクリックのこと


作成「一匹狼の国」著者 宮本順伯 (主な研究分野:世界の受動喫煙防止法
この本は過去12年間の自己保有資料を簡潔に集約記述したものです
本に書かれている資料の出典は以下のHPに明示されております
http://smokefree.jpn.com/




smokefree.jpn.com
The poster of 'Welcome to Smoke-Free Dining' was permitted to use
by the courtesy of Clifford Chang, MPH, director, Coalition for
a Tobacco Free Hawaii, and the associated artists.

 

Special Note
 Two South Kuril and two islands off Hokkaido are the own land of Japan.
 
全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告


筆者の主張サイト
 テレビ小窓の人物表示をやめよ  朝日新聞私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土
 生活基盤と自然とを調和させた未来を  喝!日本の政治社会批判   警告 :節税賃貸住宅が乱立


www. kinenseki.net  アクセスの多いサイト一覧
COPYRIGHT(C)2006-2017 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter  
女性専用禁煙外来
女性限定全館禁煙マンション
Junhaku Miyamoto profile



smokefree.jpn.com
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  車内完全禁煙レストラン バー 飲食店 ホテル 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban