特定分野に特化   緊急避妊  低用量ピル  超音波妊娠確認  妊娠中絶手術   子宮内避妊器具  にきび治療  月経日の変更  月経不順・月経痛治療  更年期障害
外来混雑度・休診日情報・特記事項  子宮癌検診  禁煙外来  院長略歴  建物設備案内  入口から出口まで  診療は予約制   道順案内   情報掲示板  総合索引



更年期症状に悩まされている女性への情報



 あなたの月経が遅れがちになり、月経が来なくなって来ていませんか?


40歳後半から50歳前半にかけて、ほてり、のぼせ(ホットフラシュ)、汗をかきやすい、頭痛、
めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、疲れやすい、腰痛、関節痛、頻脈、いらいらなどの症状に
悩まされることはありませんか。それが更年期症状です。

原因は卵巣機能(卵巣からの分泌されるエストロゲン)が減少することにより引き起こされます。
治療はホルモン剤を注射投与、または内服剤の服用によって行います。主流の内服薬は
プレマリンなどを3週間毎日服用します。多くはプロベラやヂユファストンなどの黄体ホルモンを
併用します。この方法は欧米では1960年代から多用されて来たすぐれた方法で、当院でも治療の
第一選択薬剤と位置づけております。


50歳前後に女性ホルモンの値は急激に低下します

肝臓を通さず治療効果を挙げる皮膚への塗り薬、貼り薬もあります。塗布製剤としてはディビゲル
などがあり、毎日塗布する部分を変えて塗ります。子宮内膜症などの発生を防ぐために28日のうち、
12日間くらい内服黄体ホルモンを併用することもあります。第二選択肢として漢方薬があります。
主な薬剤は「ツムラ」桂枝茯苓丸の細かい粒の丸薬を一日、2-3回、食前に服用します。

更年期前後の女性は、これを「仕方ないもの」として我慢して来ました。しかし、それにより
日常の生活に支障をも来す場合は明らかに治療の対象となります。信頼できる専門医師に相談して、
よりよい生活の第一歩を踏み出してください。

健康的な生活を送って生活習慣病を防止
いつまでも若々しく(抗加齢科学)
脳卒中防止への道
太りすぎないために:一日に必要なカロリー量を計算 (日本医師会)
この画面に戻るためには、左上のブラウザの(戻る)  をクリックのこと


元の画面に戻るためには、ブラウザ左上の(戻る) をクリックのこと


著作権は院長、宮本順伯に帰属



東京都新宿区若松町15番10号
ミヤモト クリニック フォア ウーメン




診療時間予約案内



www.sanfujinka.net
妊娠中絶手術 緊急避妊 ピル 新宿区 産婦人科 ミヤモトクリニックフォアウーメン
COPYRIGHT(C)1997-2017 MIYAMOTO CLINIC FOR WOMEN. ALL RIGHTS RESERVED.