english index tobacco control English Index



X2000:Stockholm-Copenhagen Express


X2000 is the brand name of Sweden's high speed train, which is constructed by the ADtranz, the world's second
largest railway related manufacturer. The train is operated by SJ , the government-owned passenger train operator
in Sweden. Because of the recent increase in a number of passengers and the lower operating costs, the financial
balance of SJ has become improved. The Swedish government now supported an investment program to improve
the railway network in the country.


(L) Departure board of Stockholm Central Station.
(L) The train X2000 now approaching to the platform of Stockholm Central Station.
(L) Ticket of X2000, departing Stockholm, Sweden, arriving Copenhagen,Denmark. (R) Stockholm Central Station.
 
Stockholm Central Station and X2000 power car.
 
(L) The train 1, X2000 for Copenhagen ,Denmark. (R) Bar car called 'Bistro', that serves snack bar style dishes.

(L) X2000 leaving Stockholm Central Station. (M)(R) X2000 leaving Stockholm, surrounded by inlet water.

(L) X2000 began to speed up as the train leaving the city area of Stockholm.
(R) We can recognize that 'Sweden is the country of woods and lakes'.

A genial-looking train crew checks a ticket before serving a breakfast. A passenger may select either coffee or tea.
 
The display stand of the snack car (Bistro).

(L) After the snack room was crowded for about 2 hours, it became quite without customers.
(R) The first-class train has an electric plug and a free wireless internet service.

(L) The second-class seat is a comfortable, but several window-side seat has no view blocked by the train wall.
Toll wireless internet service is available. (R) Railroad map from Stockholm to Copenhagen.

We can often see wind generators through a train window. .This is not only in Sweden, but also in Denmark.

Many lakes viewed from the train window of the express train.

Housing complex or individual houses seen from the window of X2000.

Various stations seen between Stockholm and Malmo Stations.

Malmo station yard and the X2000 at the platform of Malmo station.

Satellite photos:
(L) After leaving the Malmo Terminal Station, a train heading to Gothenburg and Stockholm
goes upwards. On the other hand, a train going to Copenhagen runs downward.
(R) Sweden's side of Oresund Bridge approach. Left above:Oresund Strait.
Highway is European route E20.
Black line in the right corner: Railway across the bridge connects Malmo with Copenhagen.

X2000 crossing Oresund Bridge. We can see a big wave of Oresund Strait.
(L) After 10dayswe crossed the bridge by X2000, enjoyed a spectacular view from E20 Highway using a rent-a-car.
(R) Soon after the X2000 train passed through the Drogden Tunnel, it arrived at Copenhagen Airport Station.
(Photograph was taken from the train of X2000).

(L) Copenhagen Airport Station. (R) When we see brick-colored houses, it takes only a few minutes to Copenhagen Central Station.

The X2000 train finally arrived at the Copenhagen Central Station.


X2000は当初、北欧3ヵ国間の高速鉄道網での採用が考えられ、電車型(動力分散式)の型式が使用されたが、2005年から
グレー色のプシュプルトレイン型の列車が運行されている。米国のアムトラックと同じく、航空機に対抗して計画されたが、
最高時速は210キロであるものの、到底そのレベルまで時間を短縮出来ず、断念したとの経緯がある。

現在、X2000はストックホルムを起点にヨーテボリ、マルメなどへの路線を走行している。線路のカーブに対応した振り子式
列車である。2000年にマルメ・コペンハーゲン間が橋とトンネルで結ばれたので、これに伴い、デンマークへの乗り入れも
開始された。使用した機関車はスウェーデン鉄道( SJ ) の交流、15KVとデンマーク国鉄( DSB )の交流、25KVとの
両方の電源に対応しているのが特徴である。

筆者は6時20分、ストックホルム発のX2000に乗車した。乗車券はネットで買い求めるべく試みたが、スウェーデン鉄道(SJ )
の公式ホームページ画面で何回試みても電話番号入力が出来ず(エラー扱い)、スウェーデン鉄道に直接電話して購入した。
朝食付きの乗車券代金は1名5,000 円ほどだったが、電話代が 3,000 円以上かかってしまった。こうしたことが起こること
自体、明らかにウェブサイト作成上の欠陥による。支払いはクレジットで行い、予約番号を聞き、ストックホルムに着いたときに、
中央駅で切符を発行してもらった。

乗車当日、X2000、2号車の指定席に座っていると、 「私どもの座席です」と同じ座席番号の乗車券をもった人が現れた。
そのとき、二重発券したイタリア国鉄、パレルモ急行での悪夢が脳裏をかすめたが、解決すべく車掌を探して調べてもらった。
担当者は1号車の朝食名簿に私どもの名前を見つけ、その乗車券の印字の誤りを認めた。

つまり、X2000の1号車と2号車との双方が1等車なのだが、1号車の乗客には朝食がつき、2号車の乗客には食事がつかない
よう区別されていた。朝食代金は1等車の乗車券含まれてはいないので、別に代金を支払い朝食サービスを予約しておかねば
ならないのだ。ウィキペディアなどの説明には「1等車には食事サービスがつく」と記されているが、これは、あくまでも
オプションなのである。

非常に落胆したことには、2ヶ月以上前に窓際の席を予約していたにも拘わらず、通路側ではなく、外側の席には間違いなかった
が、丁度、窓と窓との間の壁が立ちふさがり、外の景色がほとんど見えないことだった。幸いいくつかの眺望の開けた窓際の席が
空いていたので、予約された人が来るまでそこの席を拝借した。コペンハーゲン到着まで3度ほど席を移り、2時間近くは
大きな窓のついているスナックカー(Bar Car) のハイチェアーに座って外の景色を眺め続けた。スエーデン鉄道のX2000の
窓は、あくまでも4人が向き合って座った時の眺望を念頭に設計されていたために、座席を一方向に倒したときは、必ず、眺望の
欠如した壁のところに座る羽目となる。「窓際の席」・・Window Side・・に窓がないのは明らかな車両設計ミスである。
改善出来ないときは航空機の場合と同様に「窓なし席」・No Window Seat・と表示すべきだ。


X2000の列車は 4時間30分ほどでスウェーデン第3の都市、マルメ中央駅に到着した。鉄路はここで終点であり、列車は
逆方向にコペンハーゲン空港経由、コペンハーゲン中央駅に向かう。

2000年7月、スウェーデンとデンマークとを隔てたエーレスンド海峡に架けられたエーレスンド橋の完成に伴い、X2000は
デンマークの首都、コペンハーゲンまで延長された。上が4車線の道路、下が複線の鉄道となっている。鉄道部分はスウェーデン
鉄道とデンマーク国鉄が共同運行しているが、スウェーデン鉄道は左側通行、デンマーク国鉄は右側通行である。 マルメ駅を
離れると、X2000はやがて右側の線路に入り、鉄道橋の上ではデンマーク国鉄方式の右側を通行していた。橋とトンネルとは、
Oresund Connection と呼ばれ、その連絡距離はヨーロッパ最長である。ただ列車からの眺望は横方向と限られている。それでも、
橋の中央では窓の直下の海面にさざ波の立ち上がる様が見て取れる。

長い長い橋を渡り、長いトンネルをくぐり、マルメ中央駅出発30分後にコペンハーゲン空港駅に到着する。国際空港の直下に
ある鉄道駅である。ここで何人かの乗客が下車した。駅のホームにはスーツケースなど、旅行用の大きなバックを持った乗客が
次の普通列車を待っていた。X2000は音もなく空港駅を離れた。次は終点、コペンハーゲンだ。

線路際にレンガ色の重厚な建物が見えてくると、やがてコペンハーゲン中央駅である。午前11時33分、定刻にX2000は
デンマークの首都に到着した。正確な運行であった。




Gothenburg City Tour


Smoking Ban and Tobacco Control in Iceland
Smoking Ban in restaurants and bars in Sweden


Sweden
Arlanda Express Stockholm Stockholm Rail Blue Line Stockholm Rail Red Line Stockholm Tram
Express X2000 Gothenburg Malmo Oresund Bridge & Drogden Tunnel

ストックホルム-コペンハーゲン急行
2008年8月執筆  2009年9月英文加筆 医学博士 宮本順伯
写真撮影 2008年7月
掲載写真および記事の著作権は宮本順伯に帰属 写真転載禁止
禁煙席ネットへのリンクは自由
The photographs were taken in July, and the article was written in August 2008,
by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.



Copenhagen、Denmark




Special Note: 日本語表示
 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 Smoke-free hotels in Japan
  Domestic travel in Japan
 Smoke-free should be the minimum standard for the host city in the Olympic.
 WHO: Smoking should be banned in all public spaces.
 World population: seven billion v.s. Declining birth rate in Japan
 Nobody in the earth can destroy the natural beauty of the land.
 Stop merging war criminals and war victims at Yasukuni Shrine.
 Tax saving's rental housing is mushrooming.

www. smokefree.jpn.com
COPYRIGHT(C)2006-2020 JUNHAKU MIYAMOTO, PhD. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter
Smoke-free rental condominium in Tokyo (PR)
Junhaku Miyamoto: profile


Smoke-free Hotel and Travel
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban
  Twitter@worldviewtokyo Twitter: @smokefreejpn