english index tobacco control English Index  english index tobacco control 日本語検索


Japan high speed railways
Narita International Airport
Narita airport provides 43 smoking rooms.



Narita International Airport


Narita International Airport Terminal


Narita International Airport is an international airport and is located 57.5 km east of Tokyo Station.
Narita handles the majority of international passenger traffic to and from Japan, and is also a
major connecting point for air traffic between Asia and the Americas. The airport handled
about 35,500,000 passengers in 2007.



(L) A JAL aircraft in the Narita International Airport
(R)
A campaigning of noodle restaurant saying that you can freely smoke here, at the Narita International Airport.
Airport lobby space is smokefree, except for the designated smoking booth. Japanese law does not prohibit
smoking inside of restaurant. Therefore, a customer could smoke inside of a noodle shop in the airport.


Narita International Airport began banning smoking in restaurants
in Terminals 1 and 2 as of June 2010.

To prevent second-hand smoke in the public areas of terminals, put a light on tobacco is
banned in all establishments. Restaurants that already have completely partitioned smoking
and non-smoking sections are exempt from the ban for now. At such establishments, where
cigarette smoke is blocked off with walls reaching to the ceiling or sufficient smoke
dispersal arrangements have been made, customers are allowed to smoke. These restaurants
have signs indicating that they have separate sections for smoker and non-smokers.
Narita is the second airport in Japan to ban smoking in restaurants, to New Chitose,
near Sapporo, Hokkaido. A total of 78 food shops out of 83 will become smoke-free.
Source: Airport News Japan, July 25, 2010, and other.


(L) The above noodle restaurant became smoke-free after June 2010.
No more campaigning for smoking inside is allowed.
This noodle shop is now closed, and you cannot find it anymore.
(R) A smoke-free cafe was opened at the same site of the noodle shop in which smoking was allowed until 2010.

A smoking room in the Narita International Airport.

Door-less entrance/exit of the smoking space at Narita International Airport

Door-less entrance/exit of the smoking space at Narita International Airport
Photographed in March 2010


Japan Tobacco Inc. insists to keep a smoking room in all public places, including an airport terminal.
The researchers of the company propose the various separate smoking systems, like in the terminal
buildings in Narita International Airport, that is the same to the New Chitose Airport, Hokkaido.
There is no entrance and/or exit door at the smoking room. They claim tobacco smoke may not
flow into a passenger waiting lobby. The company had been tried every possible means to oppose
a total smoking ban.

Tobacco industry promotes the construction of designated smoking rooms as a way to sidetrack
efforts not to lose many smokers. A various study showed that nicotine vapor air monitoring in
a non-smoking area of the airport, next to a smoking room located in Terminal, reveals elevated
levels of ambient nicotine vapor in excess of what would be expected in a completely smoke-free
environment. Japan Tobacco Inc.(JT) introduced a strong aspiration and deflation systems of
tobacco smoke. The company said it provide a comfort effect to both smokers and nonsmokers.




TV commercial by Japan Tobacco Inc.( Broadcasted in November 2012 )
JT always opposes to the total smoking ban, and insists to provide a smoking-boothinside of a building.

(L)Smoking areas in the Terminal 1.(R) Smoking areas in the Terminal 2.

Narita International Airport has, at least, 43 smoking booths or rooms around of the terminal
buildings. The number of smoking area is 24 at the Terminal 1 and 19 at the Terminal 2.
This would be the second largest number among airports in the world, next to Tokyo International Airport
( Haneda ). So many Japanese smoker tourists put the light on the cigarette in a smoking booth
at Narita before the departure of aircraft abroad. This fact also leads to the third-hand smoke problem
in the aircraft passenger space.


  A guide of at least 43 smoking rooms provided in the Narita International Airport,
which is the world's second largest. 成田国際空港喫煙所



Duty Free Shops


Narita 5th Avenue 2007

Narita 5th Avenue 2010

Tobacco Shop in the Narita International Airport
 
Health warning words are written in a small letter.
Cigarette packages are arranged attractive so that many smokers would purchase pressed by an irresistible impulse.
However, they can't predict their unexpected regretful future in many years after.

Well designed showcase at duty-free tobacco shop in Narita International Airport.

Japan Tobacco Inc.'s promotion booth at Narita International Airport:
In 2012, Japan Tobacco Inc. changed the name of MILD SEVEN to MEVIUS
to exchange public criticism of the word of 'gentle' or 'light'.
The adverse effect of the product to the human body is the totally same.


Smoking restriction of the world airports


Railway access to Tokyo central area from Narita International Airport
Tokyo International Airport ( Haneda )
Smoking rooms in a local airport in Japan




成田空港飲食店は全面禁煙へ転換

成田国際空港(千葉県成田市)は2010年6月、第1・第2旅客ターミナル内の飲食店を全面禁煙とした。同空港が
進めるターミナル内公衆エリアにおける受動喫煙防止対策の一環で、原則的にすべての店舗内での喫煙が禁止される。
「非喫煙者と喫煙者の双方がより快適に空港を利用できるようにするため」の施策だと述べている。しかし、
すでに「完全分煙」を実施している一部の飲食店は当面の期間、例外として、喫煙場所から非喫煙場所にタバコの
煙が流れ出ないよう天井まで壁などの仕切りがあり、喫煙場所に十分な排煙機能を備えた店舗では喫煙行為を
許している。

「喫煙できます」と店頭に大きく表示し、帰国した喫煙者をとりこんで営業していたソバ屋は一旦全面禁煙と
したものの、数ヵ月後には閉店した(上の写真2枚)。今では、かって喫煙者を対象としてきたチェーン・カフェが
全席禁煙の店として廃業したソバ屋の後に出店している。

成田空港喫煙所の数は羽田に次いで世界最高

2003年5月に健康増進法が施行された。その第5章第2節で「受動喫煙防止」への努力を義務づけている。その主な
内容は、「多数の者が利用する施設を管理する者は、これを利用する者について、受動喫煙を防止するために
必要な講ずるように努めねばならない」ことである。 これは日本特有の罰則規定のない「努力義務」を求めた法律である。

空港設備に関しては、法律の施行に先立ち、2003年4月に厚生労働省健康局長から次のような通達が各空港宛に配られた。
あくまでも分煙を基本としており、喫煙所の撤去など、全面禁煙は全く念頭にない。

1.航空旅客ターミナルは健康増進法第25条の対象設備
2.全面禁煙は受動喫煙防止策として極めて有効
3.完全禁煙場所の表示、分煙場所の表示の明確化とその周知
4.空気清浄機はタバコのガス状成分を完全に除去出来ない
5.屋内喫煙施設の排気は屋外に排出する方法を推進する

この指針に従い成田国際空港株式会社では閉鎖型喫煙所と開放型喫煙所とを設置した。空港内の閉鎖型喫煙室は37室あり、
そのうち、セキュリティチェック後のサテライトに18室設置した。この他に周囲にタバコ有害煙をまき散らす開放型喫煙所は
10カ所ある。空港車寄せにも多くの喫煙所がある。第1ターミナルには2カ所、そのうち1カ所はパネル型喫煙所であり、
もう1カ所は館内にあり、吸煙型喫煙所である。第2ターミナルにはパネル型喫煙所が3カ所ある。

一つの空港に喫煙所総数が総計、43もあることは、国際的にみてもきわめて異常な数である。それだけ日本人を中心とした
旅行者にタバコ中毒者がいること、喫煙に快適な環境を整備しようという政府の姿勢を内外に広報しているようなものだ。
東京国際空港(羽田)の69を下回るというものの、日本も批准したタバコ枠組み国際条約を無視し、いまだ何ら規制対策を
講じようとはしていない。

2007年4月、成田国際空港第2ターミナルビルに「ナリタ5番街 Narita 5th Avenue」が誕生した。世界の一流品を取りそろえ
ブランド、ブテイック、免税店が新しいレイアウトで並んでいる。タバコのDuty-Free Shop もその一角にある。洗練されたデザイン
で思わず買いたくなるような店構えである。よく見ると確かにタバコの有害警告文は書かれている。しかし、品揃えのすばらしさから
顧客にはそのような文字はほとんど認識されないだろう。商店であるので当然売りたい商品を出来るだけ多く販売したいものと思う。
しかし、タバコが人の健康に深刻なダメッジを与えていることを考え合わせると、国の規制はこれでよいのだろうかとの疑問が残る。

警告文を大きく表示した先進国のタバコ店頭販売現場と比較してみると、その国の指導者の政治的資質が分かる。その国のトップがが
国民の健康を第一に考えるか、国や地方自治体の税収を第一に考えるか、タバコ問題への対処の仕方に反映されているのだ。

ロンドンのヒースロー空港は多くの空港内喫煙所を、2007年7月に全廃し、英国国民および旅行者の健康を守る姿勢を明確にした。
フランス、台湾なども空港内の喫煙室を全廃している。今や世界の空港では室内空間での全面禁煙は当たり前のこととして受け
止められている。



成田はタバコ依存症対応空港
2007年8月執筆 2008年1月加筆 2009年11月加筆 2010年7月索引加筆  2010年10月加筆 2012年11月一部加筆
禁煙席ネット主宰 日本タバコフリー学会顧問 医学博士 宮本順伯
掲載写真および記事の著作権は宮本順伯に帰属
 『禁煙席ネット』 サイトへのリンクは自由
The article was written in August 2007, and revised in November 2009, October 2010, and last revised in November 2012,
by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.



Smoking Ban in Airports
Malta  Ireland   North Ireland   London 2007  London 2013 London 2016 New Zealand-Christchurch 
 New Zealand-Auckland   Adelaido and Brisbane  Canberra and Sydney Montreal  Vancouver   Calgary 
Boston   New York France-Paris  Finland-Helsinki   Iceland Norway smoking ban Bergen  Norway smoking ban Oslo  Rusia smoking ban Moscow 
Guam   Chicago  Miami    Hawaii   Bangkok  Taiwan   Bhutan 
 Spain Portugal   Netherlands Germany smoking ban Berlin Germany smoking ban Frankfurt Germany smoking ban Munich Switzerland smoking ban Zurich China smoking ban Shanghai 
Haneda Sapporo Narita




Special Note
 Two South Kuril and two islands off Hokkaido are the own land of Japan.
 
全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告


筆者の主張サイト
 テレビ小窓の人物表示をやめよ  朝日新聞私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土
 生活基盤と自然とを調和させた未来を  喝!日本の政治社会批判   警告 :節税賃貸住宅が乱立


www. kinenseki.net  アクセスの多いサイト一覧
COPYRIGHT(C)2006-2017 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter  
女性専用禁煙外来
女性限定全館禁煙マンション
Junhaku Miyamoto profile



smokefree.jpn.com
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  車内完全禁煙レストラン バー 飲食店 ホテル 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban