Smoking restriction in Thailand



Bangkok

A sunrise viewed from the Chao Phraya River, Bangkok, Thailand.


A carpet smoking ban inside of public places in Thailand

Thailand, where about 17 percent of the nation's 65 million people are smokers who consume 110 million
cigarettes daily, already bans smoking at public places such as government buildings, train stations and
hospitals.

Starting February 2008, smoking in bars, restaurants and even open air markets can be punished with
a 2,000 baht fine. Owners of venues that allow smoking could face a 20,000 baht fine.

The ban forbids smoking on public transport, at bus stops, in elevators, public phone booths, libraries,
theatres, children's playgrounds, drugstores, meeting rooms, massage parlors and spas. Smoking in
indoor stadiums is banned - excluding snooker rooms. The ban on smoking also includes schools and
educational institutes. Air-conditioned areas in art exhibition halls, galleries, museums, shopping malls,
barber shops, internet cafes and karaoke booths are no smoking zones. The ban includes the lobbies
of hotels, resorts, condominiums, apartments and restaurants, excluding entertainment areas. Smokers
are still allowed to smoke in their personal offices, individual rooms or rooms provided as smoking areas.

The 52,000 Thais died a year from smoking-related diseases, especially lung cancer and heart disease.
It cost the country more than Bt 50billion in healthcare services for patients with lung cancer, heart
disease and emphysema. The ban is to protect the health of nonsmoking people from 4,000 kinds of the
toxin in tobacco smoke.

The smoking bans in Europe, and North America had proven effective at deterring smoking. Thailand's
health ministry said the prohibition was meant to protect the health of the more than 600,000 people
who visit bars and
night clubs every day. Prof. Dr. Prakit Wateesatokkit, a secretary of Action on Smoking and Health
Thailand said. ”A smoking ban are just to reflect the government's position and to help businesses that
might need legal measures to make people stop smoking in their premises.”
Source: AFP, February 9, 2008.2.9, and others

Thailand introduced smoking ban in bars and restaurants.

The original anti-smoking law, introduced in 2001, banned smoking in all public places such as govern
-ment buildings, hospitals, shopping malls, parks and hotel lobbies, as well as in air-conditioned rest-
aurants. The latter were permitted to set up smoking areas as long as these were separated in a way
that prevented tobacco smoke from wafting through the non-smoking sections.The recent law amend-
ment extended the smoking ban to all air-conditioned nightclubs, pubs, lounges and bars and even
open-air restaurants and markets, whereas it is still permitted to designate separate smoking areas.
Proprietors reported few complaints from smokers after they implemented their measures.

Source: 2008.5.16 Macao Daily Times



Buddhist monks in the Grand Palace, Bangkok, Thailand.

タイは熱帯性気候の国で、年間の平均気温は29℃で、首都、バンコクでは一番暑い4月の平均気温が35℃であるが、
一番涼しい12月の平均気温は17℃と過ごしやすい。世界遺産の寺院、遺跡も多く、多くの日本人観光客が訪れている。


A sunrise viewed from the Chao Phraya River, Bangkok, Thailand.

タイ国政府はタバコ包装での喫煙警告に力を入れていたが、2008年2月から禁煙区域を拡大した。エアコン付きの飲食店
が全面禁煙となったほか、ビアガーデンなど屋外の飲食店、バンコクのウイークエンドマーケット、ナイトクラブやパブ、
カラオケ・バー、ディスコなどが全面禁煙となり、喫煙エリア以外ではタバコを吸えなくなった。

違反した場合、喫煙者は 2000バーツ、店側は2万バーツの罰金を支払わねばならない。なお、路上でタバコのポイ捨てを
行った場合、 2000 バーツ以下の罰金が科せられる。タイ保健省は2008年5月までを広報期間とし、実際に罰金を科す
のは6月以降としている。取り締まりは警察のほか、教育省、内務省にも協力を求めて徹底的に行う。
(注)2009年1月現在 1タイ・バーツ=2.54円

バンコク市当局では禁煙条例の内容を周知させるため、保健省と協力してチャトゥチャク市場(植木、草花、骨董品、絵画、
おみやげなどを売る店が広大な土地に密集しており、多くの観光客で埋まる)に於いて、禁煙エリアを具体的に示した
パンフレットを配布した。

 
Chatuchak Weekend Market in Bangkok.

問題も指摘されている。空調施設のない開放的な雑居ビルの場合、通路や階段で喫煙が認められているようだ。しかし、
空調が効いている場合には、ビルの外に出て喫煙しなければならない。

カラオケなどの娯楽施設の店内に喫煙室を設けているところもある。しかし、喫煙室内での飲食が禁止されるほか、
密室構造としなければならす゛、ドアの開閉時に煙が禁煙エリアに漏れることは許されない。そのため、喫煙室の
ドアは屋外から入れる位置に設けるか、もしくは二重扉とする必要がある。カラオケ店個室や居酒屋個室で喫煙して
いるとの話もあるが、外国人旅行者が規制違反するケースが多く、法的に容認しているというよりは、こうした
場所への立ち入り検査を毎日行うことは難しいという面もあると想定される。



Health Warning for smoking on the tobacco package in Thailand.
タイ国で販売されているタバコ 禁煙推進の会えひめ、大橋勝英先生提供


タイでは全人口 6500万人のうち、約17%が喫煙者で、1日1億1000万本のタバコが吸われている。2006年12月、
政府庁舎、駅、病院、競技場などの公共施設での禁煙規制を実施したが、2008年2月に対象施設をさらに拡大した。

引用 2008.2.11 バンコク週報  Yomiuri on line


his photo shows Wat Chaiwatthanaram at Ayutthaya. The city was burned and sacked in 1767 by a Burmese Army.



タイ王国は喫煙規制先進国 20世紀前半まで「シャム」の名で知られていた国、1939年に国名をタイとし、現在の
正式名称はタイ王国である。第2次世界大戦では日本に協力した。多くの国が列強の植民地となる中、タイは独立を
保持した。日本との友好的な関係は戦後も続き、首都バンコクのスワンナプーム国際空港の建設やバンコク市内
地下鉄、MRTの建設工事に日本からの援助が使用された。タイ王国への日本企業の進出はめざましく、ほとんどの
大手のブランド名をこの地に見ることが出来る。

2006年12月に始まった鉄道駅、病院などの公共施設での全面禁煙は定着し、2008年2月の広域喫煙規制により
多くの閉鎖空間での喫煙が禁止されている。


(L) A temple tower beside the Emerald Buddha Temple, Bangkok
(R) No-smoking sign pates, found at the entrance to the Grand Palace, Bangkok.


首都バンコクを縦断して流れるチャオプラヤー川に半ば囲まれた広大な地域が王宮である。きらびやかな本堂
(ポット)と金色に輝く仏塔はすばらしく、その荘厳さ、華麗な美しさには圧倒される。王宮内は指定された屋外の
喫煙所を除き、全面禁煙となっている。


No smoking sign plate in the grand palace, written in Thai, English, Chinese and Japanese

A smoking area in the garden of the grand palace, Bangkok

Although the Inside of cafe is smoke-free, a smoking is permitted at the outside terrace seat.

There was no smoking sign inside of cafe, which stands in front of the grand palace.
This cafe prohibits smoking in the sunroom seats, and no smoking sign plate was placed at each table.

No-smoking sign observed at the entrance gate of a temple, Bangkok.

王宮正門前に瀟洒なレストランがあるが、全面禁煙である。入口横のサンルームのようなセクション以外の場所には
禁煙表示はない。近くの大学、寺院も全面禁煙である。この王宮界隈でも歩行喫煙を見かけない。バンコク市内で
ショッピングセンターも多く、最もにぎわっている場所の一つがサヤーム・スクエア地区だ。大型ショッピング
センターは例外なく全面禁煙となっており、喫煙所は建物の外である。ただ、米国などで見かける建物出入口近辺で
の喫煙は禁止されていない。


(L) No-smoking sign at a shopping center in Siam Square, Bangkok
(R) A designated smoking area is the place very close to the entrance to a shopping center, Bangkok.

Inside of the Siam Square Shopping Center is completely smoke-free, Bangkok.

The Starbucks coffee shop in the Siam Square district is smoke-free, including the outside terrace seats.

Smokers in the sidewalk at the Siam Square district, Bangkok

タイ国内では明確な屋外喫煙規制はない。ただし、寺院や大型商業施設敷地内では喫煙を禁止しているところが少なく
ない。バンコク市内のフードコートには禁煙標識が掲示されているところが多い。全面禁煙であるが、すべての飲食店
が禁煙標識を出しているわけではない。理髪店と美容院にはしっかり禁煙マークが張り出されていた。屋台、水上ボート
にも禁煙標識が貼られ、または置かれているところも散見された。立ち止まってビルの一角で喫煙する人は見受け
られたが、歩行しながらタバコを吸う人には出会わなかった。



(L) No-smoking sign observed at the food court next to the BTS Sala Daeng station.
(R) A man was smoking through the water pipe, known as 'hubbly bubbly'. Photographed near the BTS Phloen Chit station.
Phloen Chit BTS駅近辺で水タバコを吸う男

A total smoking ban is enforced at a beauty salon and barbershop, near the BTS Phloen Chit Station.
美容室および理容室は全面禁煙

(L) No-smoking sign plate is often placed at the most conspicuous point of a shop ( in the center of Bangkok city ).
(R) The entrance of Paolo Memorial Hospital, Bangkok

No smoking sign and the front view of the Paolo Memorial Hospital, Bangkok


バンコクには10ヶ所もの日本語対応の病院がある。市の中心地にある病院は古いものが多いが、清楚な病院も
ある。医療施設は2006年12月の規制対象となっており、全面禁煙規制がとられている。


(L) No-smoking sign plate was placed on the hotel boat which links the Hilton hotel to the west bank of Chao Phraya River
and to the BTS Saphan Taksin station.
(R) Hotel buildings on the east bank of Chao Phraya River, viewed from Saphan Taksin Pier.



Ayutthaya


(L) No smoking marks placed on both sides of the entrance of a train of the State Railway of Thailand.
(R) A train window scenery en route to Ayutthaya

The night view of wat Chaiwatthanaram at Ayutthaya, the world heritage

遺跡の建物内は勿論、完全禁煙であるが、敷地内での喫煙は、ところにより禁止されていないようだ。 若い日本人
男性がタバコを吸っていた。だが、筆者の見た限り、多くの白人観光客も訪れている中で、場所をわきまえない
破廉恥な行動をしている人は他にいない。こうした宗教的な歴史的建造物の前で平気で喫煙している姿を見ると同じ
国の一人として嫌悪感さえ感じる。



The photo shows the Wat Phra Ram, destroyed Buddhist statues.

(L) A smoke-free pub restaurant of Krungsri River Hotel, Ayutthaya
(R) An ashtray beside the stairway to the hotel entrance

レストラン、バーの屋外席での喫煙は許されているが、一流ホテルでは屋外レストランでの喫煙を禁止しているところ
がある。 法令で全面禁煙規制が敷かれている飲食店内での喫煙禁止はしっかりと守られているし、店主側も顧客サイド
も規制に対し違和感はないようである。禁煙標識を撮影していると、皆が自分たちの国の規制を誇りに思うのであろう、
にこにこと親しみのある顔で接してくる。




Railways of Thailand


全面禁煙に踏み切ったタイ鉄道  タイ王国政府は、2008年2月の喫煙規制拡大の前の段階、2006年12月に政府庁舎、
鉄道、病院などを全面禁煙とした。この規制処置により鉄道の駅および車両での喫煙が違法となった。違反例には2,000
バーツの罰金が科せられる。こうした鉄道駅、病院などの公共施設での全面禁煙は定着し、2008年2月の広域喫煙規制に
より多くの閉鎖空間での喫煙が禁止されている。


A route map of the BTS skytrain and MRT subway train.
A thick line represents BTS, a thin line represents MRT.

スカイトレイン( BTS )と呼ばれている高架鉄道には二つの路線がある。1999年に開業した。シーロム線の最終駅、
サパーンタクシン駅は、チャオプラヤー川の連絡ボートのやホテル・シャトルフェリーの船着き場と連絡している。
市の中心部に乗り入れているので非常に便利である。



A BTS skytrain and the forbidden clause posted at the Saphan Taksin station.

The interior of the BTS trains and no smoking sign plate.

スカイトレインに続いて建設されたのが地下鉄( MRT )である。2004年に開業した。チャトゥチャック公園駅
(BTS モチット駅)およびスクンヴィット駅(BTS アソーク駅)でスカイトレインと連絡する。最終駅は国鉄ターミナル、
ホアランポーン駅である。


(L) The entrance of MRT Chatuchak Park station and no smoking sign plate.
(R) A full size platform screen at the underground subway station.

Illuminated sign boards and no smoking sign plate on the wall at the stairway of the MRT Si Lom station.

(L) No smoking sign inside of the MRT subway train. (R) No smoking sign in the concourse of subway station.

The concourse of the Hua Lampong Subway Station.

タイの鉄道(State Railway of Thailand)はバンコクを中心に放射状に広がっており、車両は古く電化されていない。
ホランポーンターミナル駅が最大である。ほとんどの列車の始発、終着駅となっている


No smoking mark at many places in the Hua Lampong Railway Station, including in the counter of a ticket office.

The Hua Lampong railway terminal station

The information plate to show the place of a smoking area in the Hua Lampong Railway Station.
There is only one smoking area in a platform of the station.

No smoking sign plates in most places of the Hua Lampong Railway Station.

(L) No smoking, no alcohol sign board place at the platform of Hua Lampong Railway Station.
(R) No-smoking sign plate at the entrance of a Thai railway train.

バンコク・アユタヤ間を1時間40分で結ぶ列車の窓から眺める田園地帯の風情はまた格別である。車内の光景といい、
ちょっと欧米の国では味わうことが出来ない体験である。アユタヤの駅に降りたって先ず目についたには誰の目にも
とまるであろう、多数の禁煙標識であった。ホーム、事務所入り口、観光案内所内、改札口、切符売り場にも貼られて
おり、ここでは喫煙行為は歓迎されないとの意志表示にも思えた。


No smoking sign plate at the main platform of the Ayutthaya railway station, Thailand.

(L) No smoking sign plate in the tourist information desk at the Ayutthaya railway station.
(R) No smoking sign plate at the platform of Ayutthaya station.

No-smoking sign plate at a ticket office of the Ayutthaya railway station.

(L) The railway track between Bangkok and Ayutthaya.
(R) A Thai passenger is smoking at the rear end of a train.

帰りの列車最後部は両側のドアが開いたまま、しかも後部は吹き抜けの展望車である。危険を冒してビデオをとっている
と、タイの男性が来てタバコを吸い始めた。車内では他の人々の迷惑となるのでわざわざここまで来たのだろう。デッキ
ではタバコを吸っても副流煙は瞬時に飛び散ってしまうので、車掌も黙認しているのかも知れない。十数分たった
であろうか、もう一人の男性が開け放されたデッキにつかまったまま喫煙し始めた最初の人に smoking place?
「スモーキングプレイス」と話しかけると、にこっとして自分のタバコを一本差し出した。多くのタイ人は話しても
フレンドリーな人が多い。早くタバコ会社との鎖を断ち切って健康的な生活を送って欲しい。


Smokers forbidden to light up in public areas.


Children are giving yells for the anti-smoking law at the Hua Lampong Railway Station, Bangkok, Thailand.

Every public area will become smoke-free following an order from the Public Health Ministry. Public Health Minister
Mongkol na Songkhla placed no-smoking labels at Hua Lampong Station. The minister said 52,000 Thais died a year
from smoking-related diseases, especially lung cancer and heart disease. It costs the country more than the Bt 50
billion in healthcare services for patients with lung cancer, heart disease and emphysema. The ban is to protect
the health of non-smoking people from 4,000 kinds of a toxin in tobacco smoke.

Source: The Nation 2006.12.29

 
Smoking ban in restaurants and bars in Thailand
 Smoking rooms in hotels in Thailand
 Smoking ban in Bangkok and Ayutaya and in railways of Thailand


Thailand
Arrival to Bangkok Suvarnabhumi Airport  The city of Bangkok Bangkok Palaces
Wat Pho, Wat Arun, Bangkok Floating market in Thailand  The railways in and around Bangkoko 
Ayuttaya, World heritage  Departure from Bangkok Suvarnabhumi Airport


タイ王国におけるタバコ規制

写真撮影 2009年1月 2009年2月執筆  2009年10月英文加筆 
執筆 医学博士 宮本順伯
This Web site is link-free.
This information was provided by the Smokefree Hotel and Travel.
The photographs were taken in January 2009, the article was written in February 2009,
by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.




Leading Countries in Smoking Ban
 
Italy  Malta   Ireland    North Ireland  New Zealand  Hawaii  Australia
 USA/Canada  Guam Island  Denmark  Sweden    France  
 UK    Thailand   Taiwan    Iceland    Finland




Special Note: 日本語表示

 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 Smoke-free hotels in Japan
 
Domestic travel in Japan
 WHO: Smoking should be banned in all public spaces.
 World population: seven billion v.s. Declining birth rate in Japan
 Nobody in the earth can destroy the natural beauty of the land.
 Stop merging war criminals and war victims at Yasukuni Shrine.
 Tax saving's rental housing is mushrooming.

www. smokefree.jpn.com
Copyright (C) 2006-2022 Junhaku Miyamoto, PhD. All right is reserved.
The way to contact to the writter Photo correction deletion request

Junhaku Miyamoto: profile
Regional weather forecast throughout Japan
FaceBook



Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium smoking ban
  Twitter@worldviewtokyo Twitter: @smokefreejpn Twitter@criticismjpn